category  [近畿地方 ]

冊子・堺市鳥瞰図(昭和10年・吉田初三郎作画)

堺市鳥瞰図ロゴ入り
※画像のクリックで拡大します
昭和10年に鳥瞰図絵師・吉田初三郎により描かれた、堺市鳥瞰図です。
吉田初三郎は大正から昭和初期にかけての全国的な旅行ブームに乗り、各地の都市や名所旧跡を描いた鳥瞰図を数多く制作し、「大正広重」と称された人物でした。戦時中は軍事機密に触れるとのことで一度は鳥瞰図制作を辞め絵葉書制作に移行しましたが、終戦後に再び鳥瞰図作成を開始。昭和30年に死去するまで3000点余りもの鳥瞰図を作成しました。
この堺市鳥瞰図も街を紹介する観光パンフレット的な形で制作されたと思われ、裏面の吉田初三郎の「絵に添えて一言」のコメントにも堺市長からの依頼を受けて製作したとあります。
以下、堺市鳥瞰図の抜き出した部分を紹介していきます。
堺市鳥瞰図2
※画像のクリックで拡大します
堺市の工業地帯。大阪織物と大日本セルロイドは工場としては現存していませんが、大阪織物の跡地には煉瓦のアーチ門が、大日本セルロイドの跡地はイオンモール鉄砲町店として再活用された後も当時の煉瓦建築が保存活用されています。
陸軍省からの発注を多く受けていた大和川染工所は現存し、当時の建物もいくつか残っているようです。
堺市鳥瞰図3
※画像のクリックで拡大します
堺市役所周辺の部分。上に反正天皇陵(田出井山古墳)が描かれています。反正天皇陵の右側に描かれている中学校は現在の三国丘高校、市役所近くの高等女学校は現在の泉陽高校です。殿馬場小学校は現在の殿馬場中学校です。
堺市鳥瞰図4
※画像のクリックで拡大します
大浜公園の部分。大浜公園は明治12年にかつての幕末の砲台跡を公園として整備したもので、明治36年に内国勧業博覧会の第2会場として開催された場所でもあります。鳥瞰図にある水族館はその時に造られました。
大浜公園の近くに一力楼とか丸三楼などの建物がありますが、これは大浜公園の開園に次いで開業した観光料理旅館で、勧業博覧会の際は多くの観光客が利用したことでしょう。堺市公会堂や商品陳列所の洋風建築も建てられています。丸三楼と浜卯の側にある灯台は明治10年に完成した旧堺灯台。大浜公園の戦前の建築物で唯一残されているもので、国指定史跡となっています。
堺市鳥瞰図5
※画像のクリックで拡大します
仁徳天皇陵(大仙古墳)と履中天皇陵(ミサンザイ古墳)の部分。堺市と言えば大仙陵を含む百舌鳥古墳群が有名ですね。この堺市鳥瞰図でもひときわ大きく描かれています。右端の信太山演習場は陸軍第4師団の隷下部隊が使用していた演習場で、現在はそのまま陸上自衛隊信太山演習場として使用されています。
堺市鳥瞰図7
※画像のクリックで拡大します
浜寺公園は明治6年に開園した日本最古の公立公園で、大正から昭和初期にかけては別荘地そして海水浴場として大いに賑わいました。鳥瞰図にある浜寺公園駅は明治40年に辰野金吾の設計により建てられた駅舎で、現在は国登録有形文化財として保存されていますが、鳥瞰図には何故かしっかりと描かれていません。浜寺公園の海は昭和36年頃から泉北臨海工業地帯としての埋め立て工事が行われ、かつてのような白砂青松の風景は失われました。
堺市鳥瞰図6
※画像のクリックで拡大します
堺市鳥瞰図には大阪市の市街地も描かれています。さすがに簡略化されていますが、大阪のシンボルである大阪城天守閣はしっかりと描かれていますね。
この堺市鳥瞰図は同じ冊子を堺市博物館も所有し、さらにこの鳥瞰図の原画を所蔵しています。また、上記の大日本セルロイド工場跡地にあるイオンモール鉄砲町店には原画の複製が展示されているようです。
スポンサーサイト

古絵葉書・但馬豊岡町(現・豊岡市)鳥瞰図(吉田初三郎・作画)

豊岡町鳥瞰図ブログ用1
吉田初三郎の作画による兵庫県豊岡市の鳥瞰図の絵葉書です。吉田初三郎は大正から昭和初期にかけて数多くの鳥瞰図を描いた絵師で、「大正広重」とも称されました。戦時中は軍事機密に触れるということで絵葉書制作へと移行しましたが、戦後に再び鳥瞰図を作成。昭和30年に亡くなるまで3000点もの作品を作成しました。
この絵葉書は現在の兵庫県豊岡市を描いた鳥瞰図で、「柳行李本場 但馬豊岡町」のタイトルと吉田初三郎の落款があります。
恐らくですが、元々は冊子として出版されていた豊岡町鳥瞰図を絵葉書サイズに縮小して印刷したものだと思います。
豊岡町鳥瞰図ブログ用2
※画像のクリックで拡大します。
市街地部分の拡大。町役場は昭和2年に完成した豊岡町役場で大正14年に発生した北但大震災の復興建築として建てられました。
豊岡市役所庁舎001

豊岡市役所2
昭和2年に完成した豊岡町役場庁舎と現在の姿。新庁舎建設に伴い25m曳家されて保存。国登録有形文化財となっています。
町役場の隣に郵便局がありますが、これも昭和2年に完成した復興建築で近年まで存在しました。
DSC_0712.jpg
豊岡町役場の向かいには渡辺節設計の兵庫農工銀行豊岡支店が現存していますが、鳥瞰図には描かれていません。兵庫農工銀行豊岡支店は昭和9年の竣工。したがってこの鳥瞰図は昭和2年から昭和9年の間に描かれたものと思われます。

※関連記事
古絵葉書・豊岡町役場庁舎(現・豊岡市役所庁舎)

古絵葉書・滋賀県農工銀行新築記念絵葉書

滋賀農工銀行001
農工銀行は農工業に携わる人のために設立した銀行で、明治29年に成立した日本勧業銀行法とともに成立した農工銀行法に基づいてるため、農工銀行は日本勧業銀行への取次や同等の業務を行い、実質、日本勧業銀行の子会社的存在でした。
滋賀農工銀行は明治31年に設立した銀行で昭和13年に日本勧業銀行に吸収合併されるまで存在しました。
この絵葉書は昭和7年に完成した滋賀県農工銀行の新社屋を記念して発行されたものです。
滋賀農工銀行002
滋賀県農工銀行の外観。ロマネスク様式の新社屋は石張りの重厚な建物です。
滋賀農工銀行003
営業室内部。戦前の銀行の建物は営業室ホールが吹き抜けになっていて開放感がありました。
滋賀農工銀行004
総会室と来賓室。さすがに来賓室は豪華な作りです。
滋賀農工銀行005
※画像のクリックで拡大します。
滋賀県農工銀行本店建築概要。設計は國枝博。施工は大林組。家具は高島屋が納入しているんですね。
設計者の國枝博は朝鮮総督府の設計をしていますが、農工銀行の設計を多く担当したようで、現存するものとして大阪農工銀行(現・八木通商)・大分県農工銀行(現・みずほ銀行大分支店)・兵庫県農工銀行洲本支店(現淡路信用金庫本町支店)・阿波農工銀行(現・みずほ銀行徳島支店)などがあります。
阿波農工銀行002
こちらは以前紹介した昭和4年完成の阿波農工銀行本店。同じく國枝博の設計で、現在はみずほ銀行徳島支店として現存しています。

※関連記事
古絵葉書・阿波農工銀行建築記念

古絵葉書・豊岡町役場庁舎(現・豊岡市役所庁舎)

豊岡市役所庁舎001
豊岡町役場は大正14年に但馬地域を襲った北但大震災後の復興建築として耐火・耐震の最新庁舎として昭和2年に完成した建物です。完成当時、震災の被害を受けた豊岡のシンボル的建物となり、以後豊岡の街中には震災復興建築が建ち並ぶこととなりました。
豊岡市役所2
現在の豊岡市役所庁舎。昭和27年に屋上部分だった箇所を塞ぐ形で3階部分を増築。戦後の増築ですが元々の庁舎の意匠に合わせているため違和感なく仕上がってます。
豊岡市役所3
玄関ホール。豊岡市役所庁舎は新庁舎建設の際に南に25m曳家され豊岡稽古堂として再利用。さらに平成28年に国登録有形文化財に登録されました。
DSC_0712.jpg
豊岡市役所庁舎の向かいには以前は市役所南別館として使用されていた昭和9年完成の渡辺節設計・旧兵庫県農工銀行(現・豊岡1925)があり、こちらも国登録有形文化財となっています。
かつては市役所の周囲に同じく復興建築である鉄筋コンクリート造の旧豊岡郵便局(昭和2年)や旧豊岡税務署(昭和4年)もありましたが、新庁舎建設の再開発に伴い失われてしまいました。
しかしながら豊岡市内には震災復興に伴って建てられた近代建築が現在も数多く残されています。

冊子・建築写真類聚「改造住宅」巻二(住宅改造博覧会出品住宅)

改造住宅201
大正11年、大阪府箕面市の桜ヶ丘にて住宅博覧会が催されました。日本建築協会により9月21日から11月26日の期間、現地にて実際に住宅25戸が建てられ、大正時代の新たな生活様式や建築様式に即した住宅の改造を提唱するものでした。
この「建築写真類聚・改造住宅」はその住宅改造博覧会にて展示された住宅を紹介したもので、平面図・パース図・外観および内観写真をそれぞれ収録しております。改造住宅は巻一と巻二に分かれ、この巻二には13戸の展示住宅が収められています。
中身は綴じられていないページが50枚セットとなっており、価格表なども付属しています。
以下に中身のページを紹介していきます。「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

冊子・建築写真類聚「改造住宅」巻一(住宅改造博覧会出品住宅)

改造住宅001
大正11年、大阪府箕面市の桜ヶ丘にて住宅博覧会が催されました。日本建築協会により9月21日から11月26日の期間、現地にて実際に住宅25戸が建てられ、大正時代の新たな生活様式や建築様式に即した住宅の改造を提唱するものでした。
この「建築写真類聚・改造住宅」はその住宅改造博覧会にて展示された住宅を紹介したもので、平面図・パース図・外観および内観写真をそれぞれ収録しております。改造住宅は巻一と巻二に分かれ、この巻一には12戸の展示住宅が収められています。
中身は綴じられていないページが50枚セットとなっており、価格表なども付属しています。
以下に中身のページを紹介していきます。「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・歩兵第70連隊(篠山市)

篠山第70連隊001
兵庫県篠山市に存在した陸軍歩兵第70連隊は明治40年に第4師団隷下の連隊として設立されました。
「弱い師団」と言われた第4師団ですが、この篠山の70連隊は絵葉書の背後にも写る山を使い激しい山岳戦の演習を実施、
山岳戦の篠山連隊として有名で「丹波の鬼連隊」とも称される精鋭の連隊でした。
篠山第70連隊002
70連隊の全景。
篠山70連隊は昭和12年より満州に派遣。昭和15年より満州で設立された第25師団の隷下に。昭和20年に本土防衛のため25師団が宮崎県に移駐したのに伴い70連隊も鹿児島県出水市に移駐しますが、そのまま終戦を迎えました。
終戦後、70連隊の敷地は篠山産業高校・三井ミーハナイトメタル篠山工場・篠山警察署となり、隣接していた篠山陸軍病院は兵庫天満電線篠山工場(現在は閉鎖)として利用。南側にあった練兵場はスポーツセンター等になりました。
現在、旧連隊敷地内には営門や炊事場他の煉瓦建築、土塁や側溝などの遺構が残されてます。

古絵葉書・浪速区役所新築落成記念

浪速区役所001
昭和14年に建てられた大阪市浪速区、浪速区役所の新築落成記念絵葉書です。
昭和14年と言えば、モダニズム建築が流行した時代で、この浪速区役所もまさにモダニズム建築といった外観をしております。
浪速区役所002
講堂内部。モダニズムらしく装飾を廃したすっきりとした室内となっています。
浪速区役所003
1階事務室と応接室。応接室には一風変わった装飾がされています。
昭和20年3月13日以降のの大阪への相次ぐ空襲で浪速区は焼失しましたが、この浪速区役所は焼け残り戦後も使用され続けました。2000年代には大阪市内で唯一現存する戦前の区役所庁舎でしたが、2002年に庁舎建て替えのために取り壊されました。

冊子・近畿を中心とせる名勝交通鳥瞰図 (吉田初三郎・作画)

近畿を中心とせる名勝交通鳥瞰図表紙001
大正15年に大阪朝日新聞の付録として発行された近畿地方を描いた鳥瞰図のパンフレットです。
作画は大正広重と呼ばれ鳥瞰図絵師としてその名を馳せた吉田初三郎。大正末期頃から庶民の間に観光ブームが起き、
吉田初三郎はその流れによって多くの全国各地の鳥瞰図を制作。頒布し事業を拡大しました。
旅に出る余裕のない人、子供達はこうした吉田初三郎の鳥瞰図を眺め、まだ知らない街の姿に思いを馳せたのでしょう。
近畿を中心とせる名勝交通鳥瞰図ブログよう
※サムネイルのクリックで拡大します。
近畿地方を中心に据えた鳥瞰図。東は犬山から始まり西は神戸まで描かれ、金沢や広島、遠くには沖縄や台湾や北海道、樺太まで描かれてます。
中心は琵琶湖・京都・大阪。そこから大きく弧を描くような形で周辺の地形や街が描かれています。
吉田初三郎の鳥瞰図は初三郎式と言われる大胆な構図で知られてますが、都市を描いた狭い範囲の鳥瞰図より広域の鳥瞰図の方がより際立っているように思えます。

古絵葉書・不動貯金銀行彦根代理店

不動貯金銀行彦根代理店001
彦根市土橋(現在の彦根市銀座町)に大正4年に開設された不動貯金銀行の彦根代理店です。
不動貯金銀行は昭和20年5月に他の8つの銀行と合併し日本貯蓄銀行となったため消滅しました。
日本貯金銀行は戦後に協和銀行となり以後合併等を繰り返して現在のりそな銀行へと至っています。
この不動貯金銀行彦根代理店の跡地も、りそな銀行彦根支店が建てられています。
この絵葉書には設計者が書かれていないため不明ですが、不動貯金銀行の店舗設計を手掛けた関根要太郎について研究しているサイトによると、彦根にも店舗建設のために訪れているという記述があり、この不動貯金銀行彦根代理店の建物も関根要太郎の設計の可能性があります。

古絵葉書・神戸トアホテル

神戸トアホテル001
神戸トアホテルは明治41年にドイツ系資本によって開業したホテルで、下田菊太郎設計による本館は全ての客室に浴室がつくものでした。
トアホテルは外国人向けだけでなく日本人に向けても営業をしており、「東亜ホテル」という名で売り出していたようです。
トアホテルは神戸大空襲の被害も受けず終戦時でも現存していましたが、進駐軍の接収中だった昭和25年に原因不明の出火により焼失。跡地に神戸外国倶楽部が建てられました。トアホテルの建物は焼失しましたが、当時の石垣や石塀等の外構は現在も残されています。

古絵葉書・堺市 大美野田園都市の洋風住宅

堺市・大美野田田園都市001
堺市にある大美野田園都市は昭和6年にヨーロッパの田園都市をモデルに作られた分譲住宅地でした。
関西土地株式会社によって開発された大美野田園都市は関西における郊外住宅地の先駆けとなった場所で、
以降、各地に郊外型住宅地が生まれていきました。
この古絵葉書は大美野田園都市開発を記念して発行された絵葉書の1枚で、昭和初期流行りの中流家庭用の洋風住宅となっています。大美野田園都市はヨーロッパの田園都市をモデルに作られていますが、和風建築も多く建てられています。
現在の大美野田園都市は当時の住宅は少なくなったものの、今でも何件か残されており、この絵葉書の住宅と思われる建物も調べたところ残されているようです。

古絵葉書・丹波佐治堺卯楼

丹波佐治堺卯楼001
丹波佐治は現在の兵庫県丹波市青垣町佐治のことで、京都府福知山市と隣接している町です。
この絵葉書は佐治にあった堺卯楼という旅館を写したものです。
2階建ての古風な和風建築で玄関に大きく「旅館」と書かれた扁額を掲げ、玄関脇には「キリンビール」「カブトビール」の木の看板を掲げています。旅館業が主体だけど恐らく料理屋も営んでいたのでしょう。
丹波佐治堺卯楼002
通信欄を見ると、福知山市の内記4丁目にあった「額田屋」という旅館に宛てて出してます。
新年の挨拶状で比較的近い場所にあった両旅館は何らかの形で親しい間柄か同業者の組合みたいな関係だったのでしょう。
ちなみに堺卯楼も額田屋も調べた結果、どうやらすでに存在しないようです。

古絵葉書・宇治川電気株式会社大阪事務所

宇治川電気株式会社001
宇治川電気株式会社は戦前の関西地区において存在した電力会社で、戦前の大手五大電力会社の1つでした。
宇治川電気は明治39年に京都にて設立。現在の宇治市に宇治水力発電所(現存・関西電力所有)を完成させるとそこで発電された電力をもとに京阪地区への電力供給を開始しました。
太平洋戦争開戦以前の京都府内には、琵琶湖疏水を利用した発電所(蹴上・夷川・墨染)を所有する京都市、京都府内一円の発電所を所有する京都電燈株式会社、そして宇治川電気株式会社の3社が競合し、結局潰し合いを防ぐため供給地域の分担が行われました。
昭和17年、国家総動員法により解散。発電所や社屋等の施設は新たに設立した関西配電の所有となり、戦後現在の関西電力となりました。
絵葉書は大正元年に竣工した大阪事務所です。

※関連記事
古絵葉書・宇治発電所

古絵葉書・近江水力電気株式会社姉川発電所

近江水力電気姉川発電001
姉川発電所は大正6年に近江水力電気株式会社によって建設・運営された水力発電所で、県下で2番目に運用開始された発電所でした。大正10年、運用をしていた近江水力電気株式会社は宇治川電気株式会社に吸収合併。昭和15年に運用開始された伊吹発電所により昭和19年に姉川発電所は廃止されましたが、煉瓦造の発電所建屋は現在も山中に埋もれる形で残されています。

古絵葉書・兵庫県立農事試験場但馬分場

兵庫県農事試験場但馬分場001
大正9年に現在の兵庫県朝来市和田山町枚田に設立した農業・畜産等の試験場です。
現在は同市安井に移転し兵庫県立農林水産技術総合センター北部農業技術センターとして稼働しています。
この絵葉書は昭和10年代に但馬分場の本館の新築を記念して発行されたものです。
いかにも地方の役所といった下見板の壁と瓦屋根の外観が愛らしく懐かしさを感じさせます。

古絵葉書・豊郷倶楽部

豊郷倶楽部001
※龍岡様よりコメント欄にて情報をいただきました。ありがとうございました。
豊郷倶楽部とキャプションのある古絵葉書です。絵葉書を見ると、広い敷地に表門・数寄屋風の主屋にハーフチンバーの洋館とかなりのお屋敷であり、紀念スタンプの「豊郷倶楽部竣工記念 大正二年」より大正2年に完成したことが分かります。
豊郷町と言えば現在の伊藤忠商事や丸紅の伊藤忠財閥を創立した伊藤忠兵衛の出身として知られます。
この豊郷倶楽部は兵庫県住吉村、現在の兵庫県東灘区住吉にて丸紅の従業員のための保養所として作られた施設のようです。

古絵葉書・鳴門要塞 門崎砲台もしくは行者ヶ岳砲台か

鳴門要塞・門崎砲台もしくは行者ヶ岳砲台
鳴門要塞は明治30年に着工した要塞で、当初は独立した要塞地帯でしたが、明治36年に由良要塞と合併したあとは由良要塞所属の鳴門地区砲台として運用されました。
鳴門要塞には門崎砲台・笹山砲台・行者ヶ岳砲台の砲台が3つ。柿ヶ原堡塁砲台の堡塁が1つあり24センチ榴弾砲などを設置していました。
絵葉書には24センチ榴弾砲が砲座に設置されている様子が撮影されています。
由良要塞は由良地区・友ヶ島地区・加太地区の三つの地域と鳴門地区に21の砲台と8つの堡塁を備えた大規模な要塞地帯でしたが、24センチ榴弾砲を設置していたのは鳴門地区の門崎砲台と行者ヶ岳砲台だけだったようで、深山重砲兵連隊が運用していたかはわかりませんでしたが、この絵葉書の砲台は上記の理由からそのいずれか2つの砲台だった可能性があります。

ところで、戦前の日本の要塞地帯には軍事機密を守るため、明治32年を制定された「要塞地帯法」という法律がありました。要塞地帯法は要塞地帯に指定された地域内では無許可での写真撮影やスケッチなどの記録は厳しく制限され、新聞に知らずに掲載された背後の山が実は砲台のある山で軍から差し止めを食らったという話もありました。
なので、この深山第一砲台の絵葉書のように砲台そのものが撮影され絵葉書となって販売されることはありえないのですが、この絵葉書が発売されたのは恐らく昭和10年代。その頃は航空機が発達し沿岸砲台の戦略的価値が低下しており、そのため砲台の絵葉書が発売されるくらいまで緩和されたのでしょうか。
現在、門崎砲台や行者ヶ岳砲台は鳴門大橋の工事やその他の道路工事等で大きく損壊し、一部を残してほぼ失われているようです。この絵葉書が門崎砲台もしくは行者ヶ岳砲台のいずれかを撮影したものであれば、今は失われた砲台の戦前の現役当時の砲台の運用の様子を今に伝える興味深い絵葉書資料です。

※関連記事・古絵葉書・由良要塞 加太地区 深山第一砲台

古絵葉書・由良要塞 加太地区 深山第一砲台

由良要塞・深山第一砲台001
日本と清の緊張が高まった明治22年に建設が決定した由良要塞は大阪湾へ侵攻してくる敵艦隊を紀淡海峡で迎え撃ち進入を阻止する要塞でした。その重要性から由良要塞は淡路島東部と和歌山県西部にまたがる由良地区・友ヶ島地区・加太地区の三つの地域と明治36年に編入された鳴門地区に合わせて21の砲台と8つの堡塁を備えた大規模な要塞地帯でした。
この絵葉書は加太地区にあった深山第一砲台を撮影したものです。
深山第一砲台は和歌山市加太地区にあった砲台で、明治32年竣工。終戦まで機能し終戦後は廃止されましたが、由良要塞の砲台跡で一番保存状態が良いことでも知られ、現在は整備・保存されています。
絵葉書は砲座に設置された28センチ榴弾砲が写されています。奥の2門は最大仰角で構えており、敵艦を砲撃するときはこのような仰角で曲射弾道つまり放物線を描く弾道になるほう砲撃し、敵艦の甲板を打ち抜く砲撃をしました。
砲の横にある数字は射角や距離を示したものでしょう。当時の大砲はまずは1発か2発撃って着弾点を確認し観測。目標との誤差を計算して砲撃という方法でした。
キャプションの深山重砲兵連隊は加太地区の砲台を管轄していた陸軍の部隊で、加太地区の各砲台の運用もこの連隊が行っていました。
ところで、戦前の日本の要塞地帯には軍事機密を守るため、明治32年を制定された「要塞地帯法」という法律がありました。要塞地帯法は要塞地帯に指定された地域内では無許可での写真撮影やスケッチなどの記録は厳しく制限され、新聞に知らずに掲載された背後の山が実は砲台のある山で軍から差し止めを食らったという話もありました。
なので、この深山第一砲台の絵葉書のように砲台そのものが撮影され絵葉書となって販売されることはありえないのですが、この絵葉書が発売されたのは恐らく昭和10年代。その頃は航空機が発達し沿岸砲台の戦略的価値が低下しており、そのため砲台の絵葉書が発売されるくらいまで緩和されたのでしょうか。
ただ、深山砲台に関しては大正10年頃より演習砲台として使われたようで、機密としての重要性はなくなったのかもしれません。
ともあれ、戦前の現役当時の砲台の運用の様子を今に伝える興味深い絵葉書資料です。

※関連記事・古絵葉書・鳴門要塞 門崎砲台もしくは行者ヶ岳砲台か

古絵葉書・二楽荘 

二楽荘001
二楽荘はかつて神戸市東灘区の六甲山の麓にあった西本願寺法主で伯爵の大谷光瑞の別邸でした。
大谷光瑞はシルクロード研究に大きな成果をもたらした大谷探検隊を結成したことでも有名です。
二楽荘は明治42年に完成。設計は友人で東洋美術や東洋建築に造詣の深い建築士・伊東忠太。
二楽荘は別邸としてだけではなく私塾や事務所・測候所・図書館まで設けられ大谷探検隊が持ち帰った文化財も展示され、半ば公的な施設だったようです。二楽荘は当時から有名だったようで、設計者の伊東忠太自身が新聞に連載したりしており、このような記念スタンプの押された絵葉書が発売されたのもうなずけます。
しかし、大谷探検隊や教団運営などの多額の負債と汚職事件により大谷光瑞は法主を辞任。その際に二楽荘は大谷探検隊のコレクションとともに大谷光瑞の手から離れ、大阪の実業家に売却。その頃の二楽荘は荒廃しかつての壮麗な姿からは見る影もない哀れな姿だったそうです。
大正7年、甲南中学の設立の際に二楽荘の建物を活用する案が持ち上がりましたが、結局立ち消えとなり、さらには昭和7年に不審火で焼失するという不幸ともいえる最期を遂げました。
現在、二楽荘跡地は宗教団体の施設の敷地となっています。

古絵葉書・白川発電所

白川発電所001
白川発電所は奈良県吉野郡上北山村にある水力発電所で、大正10年に運用開始になりました。
当初は大和電気という土着の電力会社だったようですか、絵葉書には宇治川電気株式会社白川発電所となっています。
大正10年、大和電機は宇治川電気に吸収合併され白川発電所の使用認可を受けていることから、白川発電所の建設中に吸収合併され、そのまま大和電気から宇治川電気へと引き継がれたのではないかと思います。
宇治川電気は戦前の電力会社の大手「五大電力」の一つで関西地方を中心に広く電力事業を手掛けていましたが、昭和17年に国家総動員法による解散を受け現在は関西電力の所有になっています。
所有の白川発電所の絵葉書は6枚組となっており今は失われてますが、かつては外袋に収められていたと思われます。

残りの5枚は「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・田附商店

機能主義建築001
※ツイッターのフォロワー様からの情報で判明しました。ありがとうございました。
田附商店は近江商人であった田附政次郎により明治35年に設立した綿業問屋でした。
田附政次郎は後の東洋紡や日清紡の設立にも関わった人物で、「田附将軍」とも呼ばれるほど綿業界に大きな影響力を持った人物でした。
この田附商店は岡田信一郎の設計・大林組の施工により昭和11年に東区備後町に建てられた本店で、時代を現した機能主義的建築となっています。
機能主義建築005
営業室というキャプションがある絵葉書。左奥にカウンターの窓口らしきものが見えます。
機能主義建築006
第一応接室。機能主義スタイルなので装飾は廃しているとはいえ、贅を尽くした造りとなっています。

古写真・奈良県添上郡第一発電所

奈良県添上郡第一発電所001
台紙の裏に「奈良県添上郡第一発電所」の墨書のある写真です。
撮影時期は明治後期から大正期にかけてと思われます。
添上郡は明治13年に発足した郡で、戦後に合併で奈良市と天理市に編入。
2005年に添上郡最後の自治体だった月ヶ瀬村が奈良市に編入され、添上郡は消滅しました。
この第一発電所と明記のある発電所は添上郡内にあったようですが、具体的な場所は探してもわかりませんでした。
日本の水力発電所を取り上げた「水力ドットコム」様によると、奈良県での最初の水力発電所は明治45年創業の迫発電所、大正期では大正9年の室生発電所、大正10年の白川発電所、大正12年の樫尾発電所がありますが、どれも添上郡内ではないため、この第一発電所は今ではほぼ忘れられた村内のみで稼業していた発電所なのかもしれません。情報をお持ちの方からのご教授をお待ちしております。

古絵葉書・大日本国防婦人会関西本部会館

大日本国防婦人会関西本部会館001
大日本国防婦人会とは昭和7年から昭和17年まで存在した婦人団体で、戦地に出征した兵士を支援するため慰問袋を作成したり出征する兵士の見送りなど銃後と言われた内地からの支援活動を行った団体です。
大日本国防婦人会の始まりは昭和7年の上海事変勃発の際、大阪の主婦たちが自主的に出征兵士に対してお茶などを振る舞ったのが始まりで、当初は軍とは関係ない「大阪国防婦人会」という民間団体でした。
後に軍が支援をして「大日本国防婦人会」となり、全国に拡大しました。
国防婦人会と言えば戦前戦中の写真でも良く見られる白い割烹着に「大日本国防婦人会」と書かれた襷が良く知られていますが、これが大日本国防婦人会の会服でした。
しかし、戦争が激しくなるにつれ、女性の国民服はモンペへと変わってゆき、時局に合わせて大日本国防婦人会も大日本婦人会へと変わりました。
この建物は大日本国防婦人会の関西本部だった建物で、昭和12年の完成。昭和10年代の建物らしく装飾を廃した機能主義のすっきりとした建物です。
戦後は一時期米軍が接収したあと大阪府婦人会館として利用され、1994年からは大阪府警察本部上町別館となり近年まで利用されましたが、2014年に解体され姿を消しました。

古絵葉書・株式会社六十八銀行

六十八銀行001
六十八銀行奈良支店は奈良市の電信局跡地に大正15年に建てられました。
設計は日本銀行関連の建築を多く手掛けた長野宇平治。施工は大林組。
六十八銀行は昭和9年に合併して南都銀行となり現在に至りますが、この建物はそのまま南都銀行本店として使用され、
1997年に国指定登録文化財に指定されました。

古絵葉書・兵庫県氷上郡佐治町西部

氷上郡佐治町002
兵庫県氷上郡佐治町は現在の兵庫県丹波市で、大正10年に佐治町が設立。1955年に合併により青垣町となり、2004年の平成の大合併により氷上郡の6町が合併し丹波市となりました。
この絵葉書は様式から昭和10年代のものと思われます。
町の建物の多くはかつて宿場町だったころの面影を残す町屋造りがほとんどを占めてますが、加古川に架かる橋は近代的なコンクリート橋になってます。

古絵葉書・航空第三大隊本部

航空第三大隊本部001
航空第三大隊は現在の滋賀県八日市市に設立された陸軍航空部隊です。
大隊本部建物は通常の兵舎と違い、観測用の望楼が屋根の上に付けられています。
航空第三大隊は大正9年に設立され、元々存在していた八日市飛行場に配属されました。
八日市飛行場は戦前戦中を通じて使用され、戦後は廃止。跡地は民間に払い下げられたりしましたが、
現在も大隊の門柱や掩体壕などが残されています。

古絵葉書・長谷水力発電所

長谷水力発電所001
三菱鉱業により生野銀山用の発電所として明治34年に運用が開始された小規模な発電所です。
この絵葉書の宛名面に「44.11.11」の書き込みがあり、明治44年11月11日に絵葉書を入手した人により書き込まれたものと思われますが、宛名面が明治末期から大正初期の様式を持っているため、書き込みとほぼ同時期の撮影と思われます。
絵葉書に写る鉄橋は現在もそのままで、発電所も当初のものかは分かりませんがほぼ同規模の発電所建屋があり、現在も三菱マテリアルが所有していますが運用自体は休止状態のようです。

古絵葉書・生野鉱山本部

生野鉱山本部001
明治元年に日本初の官営鉱山となった生野銀山は明治22年に皇室財産へと移管されたあと、明治29年に三菱合資会社へと払い下げられました。この絵葉書は宛名面の切手貼りつけ部分に「44.11.11」の書き込みがあり、明治44年11月11日に入手した人が書きこんだものと思われますが、絵葉書自体も宛名面が明治末期から大正初期の様式を持っていますので、書き込みの年とほぼ同時期の撮影のものと思われます。
生野鉱山に関しては以前、明治16年から明治21年の間に撮影された生野鉱山局時代の古写真を紹介しています。
生野鉱山局遠景
背後の山や煙突、山の中腹にある煙突のある建物等を見比べると生野鉱山局の古写真よりも右側からの撮影であることが分かります。撮影から20年余り経った生野鉱山は一部変わっている箇所は見受けられるものの、ほぼ官営時代の姿を踏襲しているようです。
ただ、背後の山に関しては明治16年~明治21年の生野鉱山局時代より植生が戻ってきているように見えます。
20年の間に鉱害対策がなされたのでしょうか。

※関連記事・古写真・生野鉱山局(生野銀山)2枚(明治16年~明治21年撮影)

古絵葉書・生野鉱山発電所

生野鉱山発電所001
銀山として有名な生野鉱山で事業用に使用されていた水力発電所です。
運用は大正8年。絵葉書の建屋は建て替えられましたが、つい最近まで煉瓦風の新しい建屋があったようです。
しかし、現在はその建屋も撤去されており、導水管と「三菱マテリアル 生野発電所」の石碑のみ残されています。

関連記事・古写真・生野鉱山局
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>