category  [東北地方 ]

古写真・仙南電気工業 渡瀬発電所 

仙南電気工業渡瀬発電所001
渡瀬発電所は大正14年に仙南電気工業によって宮城県刈田郡七ヶ宿町の白石川に建設されました。
仙南電気工業は昭和4年に宮城県の県営になったようですが、この古写真は大正14年に発電所が完成した時のものと思われます。
写真の書き込みに「渡良瀬発電所」とありますが、これは間違いのようです。
以下、渡瀬発電所のものと思われる古写真を紹介します。
続きを読むからご覧ください
続きを読む
スポンサーサイト

古絵葉書・大峰発電所

大峰発電所001
大峰発電所は現在の福島県郡山市にある丸守発電所で、大正10年に完成しました。
煉瓦造りの発電室は現在もそのまま使用されています。

※コメント欄より情報を頂き訂正しました。

古絵葉書・水澤電燈株式会社 柳澤発電所

水沢発電008
現在の岩手県奥州市に明治45年に設立された水澤電燈株式会社は、
大正元年、北上川支流に柳澤発電所を建設しました。
この絵葉書は発電所完成を記念して発行されたものと思われ、
絵葉書には「水澤電燈株式会社開業記念 2・12・25」の記念スタンプが押されています。
(水澤電燈株式会社の開業日は大正2年1月1日)

古絵葉書・歩兵第三旅団司令部

第三旅団司令部
第三旅団司令部は仙台市の青葉城二の丸跡にかつて存在した司令部です。
旅団とは陸軍の部隊の単位の一つで、基本的に連隊が2つからなる部隊です。
旅団長は少将が努めました。

過去の記事でも述べてますが、旅団司令部の庁舎は様々な様式がある師団司令部と違い、
画一化されていたようで、現存する旅団司令部や古写真・古絵葉書を見ても
平屋で中央にペティメントを設けたファザードを作るシンメトリーな建物で統一されています。

また、師団司令部は当然ですが、旅団の下である連隊の本部庁舎は大抵2階建てで、
規模を比べても旅団司令部のほうがこじんまりとした感じですね。

関連記事・福知山二十旅団司令部 敦賀十八旅団司令部

古絵葉書・青森赤十字社

青森赤十字社
青森市内にあった現・日本赤十字社青森支部の明治末期~大正期頃の絵葉書です。

古絵葉書・仙台 第二師団司令部(正門と庁舎)

第二師団司令部
仙台市にあった旧陸軍第二師団司令部は、仙台城(青葉城)内に駐屯し、
空襲で失われた旧仙台城の大手門が、師団司令部の正門としても利用されていました。
また、桃山建築である豪壮な大手門は仙台市の名所としても知られていました。
そのため、第二師団司令部の絵葉書では隅櫓と大手門を写した絵葉書が
ほとんどで、その奥にあった師団司令部庁舎を写した絵葉書はあまり見かけません。
(国宝 旧仙台城)「詰所門跡ニ在ル現第二師団司令部正門」との
キャプションのあるこの絵葉書は、第二師団司令部庁舎そのものが写っている
珍しい絵葉書だと思います。

この絵葉書を見る限り、師団司令部庁舎は明治前期に良く見かける
擬洋風建築のようです。。
また、絵葉書の様式を見ると、昭和10年代くらいのものと推定されますので、
この師団司令部庁舎は戦中までそのまま使用されていたと思われます。
ただし、この庁舎が終戦後まで残っていたのか、あるいは空襲で焼失したのかは
分かりません。

現在、師団司令部庁舎の跡地はロータリーとなっており、絵葉書にも写る
石積み状の正門も残されていないようです。

古写真・山形県 落合発電所落成記念写真帖

落合発電所1
落合発電所2
山形県鶴岡市にある落合発電所は、昭和11年に当時の
鶴岡水力電気株式会社(現・東北電力鶴岡営業所)によって建設されました。
使用河川は大鳥川。最大出力は1860kw。
現在も発電所建屋などの施設が使用されています。
この写真帖は、落合発電所完成を記念して作られたものです。

中の写真は続きを読むからご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・大湊要港部庁舎

大湊要港部庁舎
青森県のむつ市には、かつて海軍の要港部がありました。
要港部とは、海軍鎮守府に準じた海軍の基地で、
大湊要港部は北日本の日本海側を防衛する拠点として
同じ日本海側唯一の鎮守府、舞鶴鎮守府とともに
日本海の防衛を担当しました。
この建物は、大湊要港部の庁舎として建てられたもので、
平屋ですが、海軍の庁舎らしい威厳ある建物になってます。

大湊要港部は明治38年にそれまでの大湊水雷団から昇格したもので、
さらに、昭和16年に大湊警備府へと昇格しました。

戦後、海上自衛隊大湊地方隊が設置され、かつての警備府の役割を担っています。
そのかつての大湊要港部の敷地内に、旧大湊水交支社の建物が現存し、
資料館として公開されています。

古絵葉書・東北帝国大学臨海実験所水族館

東北帝国大学臨海実験所水族館
大正11年に青森県浅虫町に開館した東北帝国大学付属の水族館です。
大学の研究機関ですが、一般にも公開され、人気を博したようです。
昭和59年、老朽化のために閉館しましたが、代わりに現在は浅虫水族館が存在します。

古写真・仙台青葉城

仙台青葉城

祖父の古いアルバムにあった写真。伊達政宗公の居城だった城。
祖父が仙台陸軍教導学校時代に撮影した写真。
この櫓と横の大手門は戦前は当時のもので、大手門は旧国宝に
指定されていましたが、空襲で焼失してしまいました。
現在の櫓は戦後の復元で、大手門は礎石のみ残ってます。

古写真・仙台陸軍教導学校

仙台陸軍教導学校本館

仙台市にあった、陸軍の下士官養成学校である仙台陸軍教導学校の
写真です。私の祖父の古いアルバムにあったものです。

この写真は本館の建物です。仙台陸軍教導学校は
私の祖父が軍隊時代に行っていた学校で、ここを卒業すると
下士官になることが出来ました。
撮影時期は昭和15年ですが、本館の建物はそれより古いものです。
仙台陸軍教導学校講堂

同じ敷地内にある講堂の建物です。
仙台陸軍教導学校入校式

入校式の様子。馬上の将校は教導学校の校長のようです。
身内関係の資料ですが、建物や部隊全体の写真なので、東北地方のカテゴリに入れました。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>