category  [東海地方 ]

古絵葉書・名古屋ホテル

名古屋ホテル001
明治28年、名古屋市内の竪三ツ蔵町に名古屋ホテルが開業しました。木造階建ての洋館は当時としてはおしゃれで目を引いたことかと思います。絵葉書は大正期ころのものと思われます。
スポンサーサイト

古絵葉書・鈴鹿海軍航空隊

鈴鹿海軍航空隊001
鈴鹿海軍航空隊は昭和13年に設立されたパイロット養成(予科練)の訓練飛行場で終戦まで多くの海軍のパイロットを育成しました。戦争末期になると実戦部隊の航空隊としても使用せざるを得なくなり特攻隊の基地としての役割も担うことになりました。
終戦後に部隊は解散。鈴鹿海軍航空隊の跡地は鈴鹿科学医療大学やNTTの敷地となり近年まで格納庫が残されていましたが現在は解体。当時の物は正門と門衛所のみが残されています。

古絵葉書・浜松市役所

市庁舎001
※グズグズ様より情報をいただきました。
昭和27年完成の浜松市庁舎です。浜松大空襲で先代庁舎が焼失し、バラックの仮庁舎だったものを新築移転したものです。
戦後の発行の絵葉書ですが、宛名欄は戦前の様式となっています。
戦後になったからといってもすぐには絵葉書の様式が変えられない例もあったという資料となります。

古絵葉書・文化住宅(新舞子文化村) 

新舞子文化村001
文化住宅とは大正中期以降に大衆向けの洋風住宅として広まった住宅で、それまでの富裕層の西洋館+和風建築のセットと広大な庭園といったスタイルを縮小簡略化したような形で、和風建築に棟続きで小規模な洋館部分が作られた住宅建築でした。
それら文化住宅が新たに開発された分譲地に建てられた住宅街は文化村と呼ばれ、庶民のあこがれの一つでもありました。
この絵葉書の文化村は愛知県知多市の新舞子にあった新舞子文化村で、大正14年から最初の6軒が建てられ始めすぐに売却済みとなったようです。
絵葉書には整備された砂利道の街路に整然と並ぶ塀付きの洋風住宅群は、当時としても新しくおしゃれな街並みだったことと思います。

※関連記事
古絵葉書・平和記念東京博覧会文化村住宅16枚組
古書籍・平和記念東京博覧会出品 文化村住宅設計図説

古絵葉書・陸軍第三十旅団司令部

第三十旅団司令部
陸軍第30旅団司令部は現在の三重県久居市に存在し、司令部庁舎は明治41年に建設されました。
現在は陸上自衛隊久居駐屯地内に資料館として保存されています。

当ブログで何度も述べていますが、明治後期から末期の旅団司令部庁舎は
画一化されたデザインであったようです。

第三旅団司令部
第3旅団司令部(仙台)
歩兵第18旅団司令部
第18旅団司令部(敦賀)
第二十旅団司令部
第20旅団司令部(福知山)

以上当ブログにて過去に紹介した旅団司令部庁舎の古絵葉書と上記以外で現存する
第6旅団(金沢)第19旅団(京都)の司令部庁舎は共通して正面中央に大きな三角ペディメントを設け、
(第3旅団は別。)左右対称のシンメトリーな平屋建てとなっております。
師団司令部庁舎が木造や煉瓦造など構造もデザインも多種多様で、
連隊本部庁舎も木造という共通であるものの、デザインには差異があるのに対し、
旅団司令部庁舎だけはデザインが共通しているのは興味深いものがあります。

※関連記事

古絵葉書・歩兵第三旅団司令部(仙台)
古絵葉書・歩兵第十八旅団司令部(敦賀)
古絵葉書・歩兵第二十旅団司令部(福知山)

古絵葉書・三重共同電気青蓮寺川発電所

青蓮寺川発電所009
明治41年に設立した三重共同電気株式会社によって、翌年青蓮寺川に発電所が建設されました。
現在は、昭和46年に完成した青蓮寺ダムによって消滅しています。
三重合同電気は明治44年に津電灯と合併しています。
この絵葉書は明治43年の消印があります。
明治42年から44年までしか存在しなかった三重共同電気時代の青蓮寺川発電所の
様子を知る絵葉書として貴重な1枚です。

古絵葉書・霞ヶ浦遊楽園

霞ヶ浦遊楽園1
「霞ヶ浦遊楽園」と名前がついてますが、関東の方の霞ヶ浦ではなく、三重県四日市市にあった海岸です。
遊楽園という名前がついてますが、遊園地ではなく海水浴場。
当時はかなりの賑わいを見せていたようです。
この絵葉書は正門の様子。海水浴場なのですが、入口の建物がかなり立派ですね。
霞ヶ浦遊楽園2
霞ヶ浦遊楽園の中の様子。
かなり賑わってますね。中央奥に見える平屋の建物は、今で言う海の家でしょうか。
霞ヶ浦遊楽園3
上の2枚とは別セットの絵葉書と思いますが、同じ霞ヶ浦遊楽園の海岸の様子。
当時の海水浴スタイルが見て取れます。
海水浴場なのにボートも置いてあるんですね。当時はかなりおおらかだったんでしょう。

古絵葉書・名古屋米穀取引所

名古屋米穀取引所1
かつて存在した米穀取引所は、米の先物取引を行う施設で、起源は江戸時代にまで遡ります。
こちらは、名古屋にあった米穀取引所。
名古屋米穀取引所2
内部の営業室の様子。
まるで、銀行のような立派さです。

古絵葉書・国威宣揚国旗翻の亀山機関区

亀山機関区
三重県亀山市の亀山駅構内にあった亀山機関区の絵葉書です。
戦中の国威高揚活動の一環として、機関区の建物の前にひときわ高く
日章旗を掲揚しています。

古絵葉書・騎兵第3連隊

騎兵第三連隊
名古屋市にあった騎兵第3連隊の営門の絵葉書です。
第3師団所属の連隊で、名古屋城内に駐屯していました。

古絵葉書・輜重兵第三連隊 連隊本部

輜重兵第三連隊 連隊本部
輜重兵とは、武器・弾薬・食料・燃料などの兵站を扱う部隊で、
作戦を遂行するためにはなくてはならない部隊なのですが、当時は歩兵や砲兵のように
勇敢に敵と戦うことが軍人の本分という風潮があったため、裏方の輜重兵は
軽く見られがちでした。
当時の言葉に「輜重が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」というのがあり、
その頃の輜重兵への見方が良く現れています。
しかし、その輜重軽視が後にアダとなるのですが・・・
さて、絵葉書の輜重兵第三連隊は名古屋にあった部隊で、第3師団の所属でした。
連隊本部は連隊の中枢の建物ですが、装飾もなく質素です。
これは別に輜重兵だからというわけではなく、歩兵や砲兵の連隊本部も
こんな感じでした。ただし、近衛連隊の兵舎は煉瓦造の立派なものでした。

古絵葉書・第三師団司令部

第三師団司令部
名古屋にあった旧陸軍第三師団司令部の前身は、明治6年に設立した名古屋鎮台で、
明治21年に第三師団に改変された歴史の古い師団です。
この絵葉書自体は大正後期のものですが、写っている師団司令部は
鎮台時代からの建物です。
第三師団司令部の本館は煉瓦造2階建ての本格的西洋建築で、
軍の司令部とは思えないおしゃれで優雅な建物ですね。
明治期の師団司令部の建物はこのように優雅な洋館であることがほとんどで
西欧化を進めていた明治の日本の象徴の一つでもありました。

古絵葉書・伊勢朝熊登山鉄道

伊勢朝熊登山鉄道1
三重県にある朝熊山にはかつてケーブルカーが走っていました。
山頂にある金剛證寺への参拝客の輸送目的のため大正14年に
創業したケーブルカーです。
現役当時は「東洋一」と呼ばれたこのケーブルカーも、
昭和19年に「不要不急鉄道」に指定され、廃止されました。
その後復活することなく現在に至ってます。
かつて愛宕山を走っていた愛宕山ケーブルカーと同じ運命を辿ったわけです。
上の絵葉書は、ふもとの起点となる平岩駅です。ホームの横にあるのが駅舎でしょうか。
ちなみに、平岩駅は跡しか残ってませんが、終点の山上駅は立派な鉄筋コンクリート製で、
今でも駅舎が廃墟として残っているようです。そのあたりもなんとなく愛宕山と似てますね。
伊勢朝熊登山鉄道2
「第一隧道ヨリ第二隧道ヲ望ム」と注釈があります。平岩駅から登って最初のトンネルのようです。
さすがケーブルカーだけあって、中々の急勾配です。
現在も路線やトンネル、山上駅舎が廃墟としてひっそりと残っているようです。
こちらの方のブログで朝熊登山鉄道の絵葉書を紹介と解説をされてます。

古絵葉書・伊勢 宮川鉄橋

伊勢 宮川鉄橋
伊勢市を走る参宮鉄道の鉄橋です。この絵葉書の宮川鉄橋は
戦前に架け替えられているようで、こちらは明治期のものではと思います。
走っている機関車も煙突の高い明治期の古典機関車ですし。

*追記 巽さんのご指摘により、伊勢電鉄ではなく参宮鉄道であると判明しました。
ありがとうございました。

古絵葉書・愛知県商品陳列館

愛知県商品陳列館
ルネッサンス風の豪華な洋館ですね。
明治末期に建てられたこの洋館は、博覧会や展示会などのイベントで使われました。
もし残っていたらさぞかし素晴らしい建物だったのでしょうが、
残念ながら現在は見ることは出来ませんね。

*吉野様から情報を頂きました。
「名古屋市中区大須にありました。もとは総見寺の境内でした。
昭和5年ごろ取り壊され跡地は分譲。
取り壊し中の絵葉書を名古屋の古書店で見たことがあります。」

古絵葉書 名古屋城天守

名古屋城天守

「尾張名古屋は城でもつ」の名古屋城の天守です。
現在の天守は戦後の鉄筋コンクリートによる復元ですが、
戦前までは慶長期400年余り前の天守がそびえていました。
続きを読む

古絵葉書 名古屋名所 県庁附近小公園

名古屋県庁附近

大正時代のものと思われる名古屋市内県庁附近の絵葉書です。
今と違い、高いビルはありませんが、あちこちに洋館が建っていますね。
道路には市電も走っています。中央の大屋根の建物が県庁なんでしょうか。
だとすれば、昭和13年にこの場所に名古屋城の天守を模した塔屋を乗っけた
帝冠様式の大きな県庁ビルが建てられます。

*吉野様から情報頂きました。
「撮影した場所は今の中日ビル付近からNTTのビル方向に向けて撮影しています。
現在の東区新栄町です現在ある県庁の位置(中区三の丸)とは異なります。」

古絵葉書・神宮徴古館

神宮徴古館

伊勢神宮の宝物や考古資料などを展示している神宮の博物館です。
明治44年に建てられたルネッサンス様式の華麗な建物でしたが、
昭和20年の空襲で外壁を残し焼失。現在の神宮徴古館は外壁をそのままに
屋根と内部を改修した建物です。
外壁自体は当時のままなので、国の登録文化財に指定されています。
現在の姿と比べてみると、ドームが失われているため、焼失前よりちょっと
荘厳さが失われている気がします。

古絵葉書・富田浜 海浜ホテル震洋館

海浜ホテル

富田浜は、三重県四日市市にある地名です。
そこにかつて存在した戦前のホテル。
一応建物に装飾はありますが、きっちりと決まった様式ではなく、
機能主義の建物にちょっと飾りをつけたような感じに見えます。
絵葉書にはロープウェイのゴンドラが写っており、移動用と
観光客用に設けたものと思いますが、ちょっと乗るには怖い
心もとないものですね。

ちなみに、絵葉書の説明にある「海浜ホテル震洋館」を
検索して調べましたが、見つけることは出来ませんでした。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>