category  [北陸・中部地方 ]

古写真・長野市内(?)の通りの防空壕

長野市 防空壕002
前所有者が長野市内と説明のあった戦時中の古写真ですが、通りの場所等含め詳細は不明です。
右手側の商店にある看板の文字等を拡大したりもしてみましたが読み取れませんでした。
ただし、写真の撮影された時期は写真に写されている白割烹着や和服の女性の姿から日中戦争開始から太平洋戦争前の時期かと思われます。
写真を見ると比較的大きな通りの真ん中に四角い穴があけられています。
これは空襲時に身を隠す防空壕・・・というより退避壕ですが、戦時中には多くの都市で盛んに作られました。
戦争末期の大空襲による結果を知る我々にとってはあまりに貧弱な壕ですが、焼夷弾の認識はあったものの当時の空襲による爆弾は爆発による建物の破壊を目的としたものが主で、爆風や破片から身を守れればよいという認識が主流だったためです。
時局防空必携001
所有している昭和18年版の時局防空必携の中にも当時の家庭用の退避壕について書かれています。
時局防空必携002
※サムネイルのクリックで拡大します。
書かれた退避壕のイラストによると深さは1m程度。古写真と同じく露天掘りで上には畳をかぶせるとあります。
当然直撃すればひとたまりもなく、文章中にも地面下に掘って作ったものの方がより安全であると書かれていますが、爆風や破片からとりあえず身を守る程度ならこの塹壕のような退避壕で十分と考えられていたのでしょう。
実際、太平洋戦争中盤の日本本土初空襲となるドーリットル隊の爆撃は通常爆弾を使用したピンポイント爆撃であり、また日本の木造家屋に対して従来の爆弾はオーバーキルとなり都市の破壊に対して大きな成果を得られなかったため、日本の都市のほとんどを占める木造家屋を効率よく破壊し都市全体を焼失させる焼夷弾を用いた大規模無差別爆撃が行われるようになったのは戦争末期の昭和19年から20年にかけてのことでした。
その頃には当然写真のような露天掘りの退避壕は役に立たず、それどころか地下式の防空壕すら危険な有様となってました。
スポンサーサイト

古絵葉書・株式会社六十九銀行長野支店

株式会社六十九銀行長野支店001
六十九銀行は国立銀行条例に基づき設立された第六十九国立銀行を前身とする銀行で新潟県長岡市にありました。
明治31年に六十九銀行と改称。以後明治・大正・昭和初期を通じて近隣の小規模・中規模の11にも上る地方銀行を吸収合併。
昭和17年に長岡銀行と合併し長岡六十九銀行を設立。戦後の昭和23年に北越銀行と改称し現在に至っています。

古絵葉書・株式会社六十三銀行

株式会社六十三銀行001
六十三銀行は国立銀行条例により設立された第六十三国立銀行を前身とする銀行で、長野市にありました。
明治30年に第六十三国立銀行が普通銀行転換により六十三銀行へと改称。
昭和6年に六十三銀行と第十九銀行が合併。六十三と十九の合計値八十二を銀行名とし八十二銀行として発足。
これが現在も営業を続ける八十二銀行です。

古絵葉書・市原発電所

市原発電所001
市原発電所は石川県白山市にある水力発電所で大正9年に運用開始されました。
現在は北陸電力の所有で、明らかに戦前の頃の建物と思われる鉄筋コンクリート造の建屋がそのまま使われていますが、絵葉書の建屋は木造で、運用開始当時は木造だった建屋が大正末期か昭和初期に現在の建屋に建て替えられたようです。
市原発電所002
市原発電所水圧鉄管。この水圧鉄管も当時のまま使われているようです。

古写真・京浜電力株式会社第一期工事写真(竜島発電所・横浜変電所)

京浜電力株式会社第一期工事 001
京浜電力株式会社は大正9年に設立した電力会社で、一旦休業したあと東京電燈株式会社の支援により再開しました。
この古写真の冊子は大正12年に完成した長野県東筑摩郡波田町にある竜島発電所と神奈川県横浜市戸塚区にあった横浜変電所に関連する第1期土木工事を記録したものです。
竜島発電所は京浜電力から合併後の日本発送電へと移管。戦後は東京電力の所有となり一度廃止になったあと再び再利用され、現在は東京電力の子会社の東京発電が所有しています。

以下に収録されている古写真を紹介します。「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・敦賀税関

敦賀税関001
敦賀市の敦賀港は戦前、主にロシアとの貿易港としてまた国際郵便の到着駅として栄え、多くの官公庁や銀行が建ち並びました。
この敦賀税関も敦賀港の顔として戦前から戦後まで役目を果たしました。
この絵葉書は昭和10年代の撮影と思われるものです。
奥に見える2棟の煉瓦倉庫は現在も残る明治38年完成の「敦賀赤レンガ倉庫」。2009年に国指定登録有形文化財に指定されたこの建物は、現在の敦賀港のシンボルになっています。
敦賀
こちらは以前紹介した大正期の頃と思われる敦賀税関。
明治期らしいデザインの税関です。上記の敦賀税関の建物は大正末期から昭和期に建て替えられたものと思われます。
敦賀港は大戦中に杉原千畝がユダヤ人に対して発行したビザにより多くの亡命してきたユダヤ人が入港。
敦賀港は「人道の港」と呼ばれ記念碑が建てられています。
敦賀税関は昭和41年に建て替えられ、跡地は敦賀港湾合同庁舎となっています。

※関連記事 古絵葉書・敦賀名所 税関と桟橋

古絵葉書・小松電気株式会社三ツ瀬発電所竣工記念(附・苗代変電所 金平変電所)

三ツ瀬発電所001
三ツ瀬発電所は石川県白山市の大日川にあった水力発電所です。
完成当時の事業主は小松電気株式会社。明治43年開業の地元電力会社で、昭和16年に同じ地元電力会社であった日本海電気・高岡電灯・金沢電気軌道・越前電気・立山水力電気・大聖寺川水電・雄谷川電力・手取川水力電気・石川電気・出町電灯・石川電力の各社と合併し新たに北陸合同電気を設立するまで存在しました。
三ツ瀬発電所は大正7年に完成した発電所で、外観を見るに煉瓦造りの建屋だったことが分かります。
三ツ瀬発電所は昭和43年に完成した大日川ダム建設により廃止。後に三ツ瀬発電所跡地に大日川第1発電所が建設されました。
この絵葉書は三ツ瀬発電所の完成を記念して発行された絵葉書セットで手元にあるのは5枚ですが、当初は外袋もあり枚数ももう少しあったのかもしれません。
今回はその5枚を紹介します。残りの4枚は「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

古写真・大河津可動堰・床固工堰堤工事写真(6枚)

大河津可動堰工事004
大河津可動堰は新潟県燕市にある可動堰で、大河津分水の堰です。
大河津分水は信濃川の流水を分流し日本海へ流すために作られた分水路で、計画の始まりは江戸時代末期の
天保13年。工事開始は明治2年で途中反対運動などがあり明治8年に一度中断。
34年後の明治42年に再開し難工事の末、13年後の大正11年にようやく完成すると言う大工事でした。
しかしながら大河津分水の流れは強く舟運等に大きな影響を与えたことから可動堰の建設が計画。
昭和6年に完成しました。
この古写真はその大河津可動堰の工事の様子を撮影したものです。
また、同時期に建設された砂防堰堤である床固工の工事写真も紹介します。
これらの写真は戦前の可動堰及び堰堤工事の様子を知ることのできる興味深い資料と思います。
続きを読むからご覧ください。
続きを読む

古写真・阿賀野川当麻橋梁工事記録写真(9枚)

阿賀野川当麻橋梁工事010
阿賀野川に架かる磐越西線の当麻橋梁の工事の経過を撮影した記録写真です。
当麻橋梁は大正3年に完成した鉄橋でしたが、昭和4年の鹿瀬ダムの建設に伴う増水により
橋桁が水没する恐れが出てきたため、隣に新たな鉄橋を建設することになりました。
この古写真は昭和4年に完成した新橋梁で、工事の過程を撮影しています。
戦前の鉄橋工事の様子を知ることができる興味深い資料と思います。
続きを読むからご覧ください
続きを読む

古絵葉書・不動貯金銀行金沢支店 新築記念絵葉書

不動貯金銀行金沢支店001
大正7年に完成した不動貯金銀行金沢支店の新築を記念して発行された絵葉書です。
不動貯金銀行は明治33年に設立された貯蓄銀行の1つで、昭和20年5月に他の貯蓄銀行と
合併して日本貯蓄銀行となり、戦後の昭和23年に協和銀行へと改称し、
現在は合併によりりそな銀行となっています。
不動貯金銀行金沢支店002
絵葉書の袋の裏面には挨拶文が書かれています。
新築記念絵葉書は3枚セットとなっております。
不動貯金銀行金沢支店003
外観。不動貯蓄銀行金沢支店は関根要太郎による設計です。
関根要太郎は明治22年に埼玉県で生まれ、現在の東京工業大学を卒業後、大正3年に不動貯金銀行の
店舗建築を手掛ける日本建築株式会社に入社。大正9年に弟と関根建築事務所を設立しましたが、
昭和の不景気のあおりで事務所を閉鎖。昭和6年に不動貯金銀行の専属建築家となりました。
この金沢支店の店舗は大正8年の完成なので、日本建築株式会社を去る直前の作品となります。
外壁は煉瓦タイル張りで角に三角破風の塔屋を設ける大正期らしいモダンなデザインです。
店舗の前は舗装等はされておらず道路はぬかるんでいる状態です。
造成が始まったばかりなのでしょうか。
不動貯金銀行金沢支店004
営業室。カウンターの腰回りの部分は木の彫刻等で飾られていますが、
カウンターの仕切りは装飾のないデザインです。
明治期の銀行ですとカウンターの仕切りの柵も凝ったデザインが施されていることが多く
この辺りも明治と大正の銀行の違いを感じさせます。
不動貯金銀行金沢支店005
2階の応接室と広間。
広間は支店会議に使われたものでしょうか。応接室はさすがに豪華な作りになっています。
右端の写真は店舗屋上から尾山神社山門を望んだもの。
尾山神社は明治6年に加賀藩の藩祖である前田利家を祀った神社で、
神門は明治11年に完成。重要文化財に指定されている建物です。
屋上からの写真のアングルと袋裏面により、不動貯金銀行金沢支店は尾山神社前に有ったことが分かります。
現在も「尾山神社前」という交差点がありますが、その交差点角にはホテルや駐車場となっており、
金沢支店の面影を見ることはできません。

古絵葉書・敦賀名所 税関と桟橋

敦賀
敦賀市の大正期のものと思われる敦賀港の絵葉書です。
桟橋に貨物船が停泊し、荷物を税関に持って行っている様子でしょうか。
税関の建物は明治期の建築のようで、いかにも港の玄関口にふさわしい瀟灑な洋館です。
税関の建物は昭和初期に建て替えられたようで、現在は敦賀税関支所としてその役割を引き継いでいます。

古絵葉書・野砲兵第九連隊

野砲兵第九連隊
野砲兵第九連隊は、明治29年に金沢で編成された部隊で、金沢第9師団の隷下部隊でした。
日露戦争では連隊長戦死という事態が起きています。
太平洋戦争中は沖縄や台湾を転戦。台湾で終戦を迎えました。

この絵葉書は明治後期のものと思われます。

古絵葉書・陸軍歩兵第十八旅団司令部

歩兵第18旅団司令部
陸軍歩兵第18旅団は敦賀において編成され、司令部が置かれました。
18旅団は金沢の第9師団所属の部隊で、日露戦争にも参加しています。
この絵葉書は明治後期頃の撮影のものと思われます。

奥に旅団司令部の建物が写っていますが、様々な様式で建てられた師団司令部の建物と違い、
旅団司令部の建物はデザイン・大きさともに統一されていたようです。
第二十旅団司令部
※参考・福知山歩兵第20旅団司令部

現存している金沢の第6旅団司令部や京都伏見の第19旅団司令部、そして上の福知山第20旅団司令部の建物を
見ると分かる通り、正面に三角のペディメントの破風を設け、左右に翼部を伸ばしたシンメトリーの建物と
なっています。
旅団司令部の隷下の連隊の連隊本部の建物は基本的には似通っているとは言え、微妙にデザインに違いがあるのに対し、旅団司令部は全国の旅団全てで統一していたのが興味深いですね。

古絵葉書・三条市大崎浄水場

三条市浄水場
新潟県三条市にある浄水場で、昭和8年に完成した浄水施設です。
現在も当時の施設がほとんど残され、現在これらの施設は国指定登録文化財に指定されています。

古写真・発電所工事の記録写真24枚(寝覚発電所か)

発電所
以前詳細不明として情報提供を呼びかけていた発電所古写真ですが、
何人かの方から長野県上松町の寝覚め発電所ではとの情報をいただきました。
こちらこちらの現在の寝覚発電所の写真を比べてみますと、建物の外観や
背後の山や地形等によく似た部分が見受けられ、この古写真が寝覚発電所の工事記録写真である可能性が
高いと思われます。

寝覚発電所は昭和13年9月21日に運用開始しますが、24枚の記録写真の最後の写真が上の完成記念写真と思われる
昭和13年9月20日の日付の写真で、年月日的にも符合しております。
それらの点を踏まえて、以下23枚の工事記録写真は寝覚発電所として扱うことにします。

残りの23枚は「続きを読む」から御覧ください。
続きを読む

古写真・笠置発電所工事写真10枚

笠置発電所1
岐阜県恵那市に笠置発電所があります。
大同電力(後の関西電力)によって工事が行われ、昭和11年に完成しました。
堰堤・発電所建屋など当時のまま現在も使用されており、
工事の際に作られたコンクリート混合工場もそのまま現存しています。

※参考サイト・「ダムの風景 笠置ダム」

紹介する古写真は笠置発電所の工事の様子を記録した10枚で、写真には日付と説明が書きこまれ、
戦前の発電所・ダム建設の様子を窺い知る良質な資料であると思われます。

残りの9枚は下の「続きを読む」から御覧ください。
続きを読む

古写真・笹戸発電所(竣工時?)

笹戸発電所1
愛知県豊田市にある笹戸発電所の古写真です。
写真の感じから、竣工時か竣工間もない頃の写真かと思われます。
笹戸発電所2
発電所建屋のアップの写真。
右側の排水路からは水が流れてません。

笹戸発電所は大同電力により昭和10年に完成しました。
現在も中部電力の手により運用され、当時の発電所建屋がそのまま使われています。

中部電力笹戸発電所

現在の姿を見ると、窓部分や脇の排水路等に改造を受けています。
また、建屋左手の川岸部分は木々で覆われてますね。
左奥の木造らしき建物は現存していないようです。

この他に注釈等はありませんが、笹戸発電所の関連施設と思われる同時期の写真が数枚あります。
恐らくは竣工時の記録写真かと思われます。
笹戸発電所とは確定できませんが、可能性はありますので紹介致します。
下の「続きを読む」から御覧ください。
続きを読む

古絵葉書・佐渡鉱山 製練所の全景

佐渡鉱山
金山として有名な佐渡鉱山は、明治に入ると幕府から工部省へと移管され、官営鉱山となりました。
明治29年に三菱へと払い下げられてからは、三菱の経営となりました。
しかし、平成元年に採掘中止。以後観光地として現在に至っています。

この絵葉書は、製練所の全景の絵葉書で、相当な規模であったことが分かりますね。
注釈に「鉱山正門前 休憩所発行」とあり、正門付近に売店を併設した休憩所が
あったようで、見学者向けのお土産品などを置いていたのかもしれません。

古絵葉書・新潟県庁舎5枚

新潟県庁1
昭和7年に新潟市学校町に竣工した新潟県庁です。
昭和初期の役所建物によく見られる、中央にバルコニーを設けたファザードを設け、
両脇に翼部を張り出すデザインです。
1階部分は荒石張りにしているのも当時の官公庁の建物に良く見られます。

昭和7年竣工の新潟県庁舎は、昭和60年に現在の庁舎に移転して取り壊されました。

この絵葉書は竣工記念として発行されたもので、すべてそろっているかどうかは分かりませんが、
5枚ある分を紹介いたします。

残りの4枚は「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

古絵葉書・長野放送局

長野放送局
NHK日本放送協会の長野放送局が長野市の城山公園内に
開局したのは昭和6年のことでした。
現在、城山公園内には平成10年に移転するまで使用されたNHK長野放送局の建物が
城山分室として使用されていますが、この城山分室が昭和6年のこの絵葉書の建物を
増築したものか、それとも完全に立て直されたものかどうかは分かりません。
ただ、城山分室の1階部分がこの絵葉書の建物によく似ている気がするのですが・・・

古絵葉書・社交倶楽部端正館

社交倶楽部端正館
この社交倶楽部端正館は、富山県入善町にあった施設のようで、
平屋で小規模ながら、しっかりした洋館です。
検索して調べましたが、唯一出てきたのは、昭和11年に設立した
「富山電気ビルデイング株式会社」の年表に社交倶楽部の名前が出てきたくらい。
年表によれば昭和11年に社交倶楽部設立とあるのですが、
この絵葉書の建物自体はもう少し古そうで、大正期くらいでは?
と思うのですが。

古絵葉書・栗ヶ崎遊園

栗ヶ崎遊園1
栗ヶ崎遊園は、かつて石川県金沢市の栗ヶ崎海岸にあった遊園施設で、
大正14年に開園しました。
かつては「北陸の宝塚」とも呼ばれ、温泉や動物園、歌劇やイベントを行う
ホールなどもあり、にぎわっていたようです。
現在はもうないようですが、ネットで調べても跡地の様子だとか閉鎖の時期だとか
分からなかったのですが、戦後のしばらくは存在していたようです。
これは本館の建物。洋風で塔屋を持つ洒落た建物です。
栗ヶ崎遊園2
本館内部の休憩所。内装は応接室のようなしゃれた感じ。
奥に「食堂」とでっかく描かれた看板があるので、本館内で食事していたんでしょう。
栗ヶ崎遊園4
温泉場内庭園。温泉を併設していたということは、宿泊施設もあったかも知れません。
庭園にはツルが。ちょっとした遊園施設や動物園もあったみたいですね。
栗ヶ崎遊園3
余興場。ここで、演劇とか歌劇を催していたようですね。

古絵葉書・軽井沢 新渡戸家別荘

新渡戸家軽井沢別邸
軽井沢は現在も上流階級の別荘地というイメージどおり、
戦前から政財界、著名人たちの別荘地として人気で、
多くの別荘が建てられました。
この絵葉書の別荘は、武士道の著書や旧5千円札で知られている
新渡戸稲造の別荘です。
ハーフチンバーの洒落た洋館ですが、別荘とはいえ個人の邸宅も絵葉書にされるんですね。

古絵葉書・高山停車場(高山駅)

高山停車場
小京都として知られる飛騨高山の地に高山駅が開業したのは昭和9年のことです。
そのときにできた駅舎は、ご覧のようにとてもモダンなモダニズムスタイルの駅舎でした。
一切の装飾を排し、時代の先端をゆくこの駅舎は、
古い日本建築が並ぶ飛騨高山の地において、非常に目立つ存在ではなかったでしょうか。
現在は風致地区として観光地として景観が守られているため、
再びこのような建物を建てようとしたら大反対が起きるでしょうけど、
この駅舎が完成した昭和9年当時は、町の近代化の象徴的な建物として
歓迎されたのかも知れません。

現在もこの駅舎は使われていますが、ベランダ部分は壁でふさがれ、
1階部分の回廊も庇でおおわれてしまっているため、
この開業時のようなかっこいいデザインは残念ながら失われています。

古絵葉書・昭和初期頃の松本市松本駅前。

某所戦前の街並み
※グズグズ様から情報をいただきました。ありがとうございました。

この絵葉書には注釈等はありませんが、長野県松本市の松本駅前の風景です。
正面に映る3階建ての建物は飯田屋旅館で、現在もビジネスホテル飯田屋として
営業が続けられています。

古絵葉書・岐阜中学校(現・岐阜高等学校)

岐阜中学校
現在の岐阜県立岐阜高等学校の旧制中学時代の絵葉書です。
この校舎は空襲で焼失したようで、現在はありませんが、手前の門柱は残っているようです。
岐阜中学校中庭
中庭の様子。池やら飼育小屋らしきものや花壇もありますね。
昔の学校って確かにこんな感じでした。
岐阜中学校廊下
校舎の廊下。昔懐かしい板張りの廊下です。
この絵葉書はおそらく複数枚のセットだったと思われますが、
バラの状態で入手しましたので、他にもあると思います。

古絵葉書・長岡公会堂

長岡公会堂
長岡市の公会堂です。戦前、大都市だけでなく中小の地方都市にも
このような公会堂が建てられ、色々な催し物に利用されました。
それらは、木造や煉瓦造りもあれば鉄筋コンクリートもあり、洋風もあれば和風もありました。
この長岡公会堂は鉄筋コンクリートのモダンな洋風ビルですね。
左端に写る看板から、公会堂には食堂もあったようです。

古絵葉書・大同ダム大井発電所

大同ダム大井発電所袋
大同大井発電所は、岐阜県恵那市と中津川市の境にあるダムで、大正13年に完成しました。
ダムに付属して同時に発電所も建設され、国内初のダムとダムを利用した
発電所のセットの例となりました。
この大事業を起こしたのが、福澤諭吉の養子であり、「電力王」と称された福澤桃介です。
福澤桃介は、他にも重文の読書発電所など、木曽川一帯に発電施設を建設し、
大同電力と東邦電力を設立した人物でもあります。
現在、大同大井ダムは貴重な近代化遺産・土木遺産として、
土木学会から選奨土木遺産に指定されています。
この絵葉書は大同大井ダムのセット絵葉書です。10枚ほど入ってましたが、
何枚かは同じアングルがありますので、抜粋して紹介します。

続きを読むから御覧下さい。
続きを読む

古絵葉書・富山県庁

富山県庁
旧富山城内に明治33年に建てられ、昭和5年に焼失した旧富山県庁です。
明治後期の建物にしては、明治初期のような擬洋風のデザインになっており
古風に感じます。あと、正面に塔屋を設けて玄関にしていますが、
なんだか建物のデザインとしては中途半端に見えますので、
もしかしたら、正面の塔屋部分は後に改装の予定があったのかもしれません。

古絵葉書・長野名所 商品陳列館

長野商品陳列館
明治ごろの建築と思われる長野の商品陳列館。絵葉書自体は昭和期のものです。
戦前までは各地にこのような商品陳列館や勧業館といった施設が建てられていました。
そのうち有名なのが広島県の商品陳列館。現在の原爆ドームです。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>