Monthly Archives

 2006年06月 

古絵葉書・綾部由良川之景

綾部大橋
京都府綾部市の由良川とそれに架かる綾部大橋です。
綾部大橋は昭和4年に完成した鋼製の道路橋で、全長210mの長い橋です。
1スパン約30mのボーストリング・トラスを7つ連続して架け渡した構造のこの橋は、
貴重な近代化遺産として、国の登録文化財に指定されています。
スポンサーサイト

古絵葉書・石川県立金沢病院外科大手術室

金沢病院外科大手術室
今回はちょっと異色の絵葉書を。
この絵葉書の写真は、石川県立金沢病院の外科手術室なんですが、よく見てください。
手術台に人が寝かされています。一見外科手術中のように見えますが、
学生らしき人たちは普通の学生服ですし、医師や看護婦さんもマスクをしていません。
恐らく遺体解剖の実習かと思われるのですが、こんな風景まで絵葉書になるなんて
ちょっと今じゃ考えられないですね。ちなみに、この絵葉書「使用済み」です。

古絵葉書・箱崎水族館

箱崎水族館
箱崎宮で有名な福岡市箱崎にあった水族館です。
門柱に「箱崎水族館」と縦書きされた板の表札と右手の券売所以外は
どこかの役場か何かに見えますね。今の水族館のイメージからは
かけ離れた本格的洋館です。

古絵葉書・姫路第十師団司令部

姫路第十師団司令部
国宝・姫路城のふもとにあった師団司令部です。
明治前期まで主要な城郭は陸軍省の所轄でしたので、城の側には陸軍の部隊が置かれました。
金沢や大阪は今でも城郭の敷地内に師団司令部の庁舎が残っています。
あと、近衛師団司令部も江戸城北の丸に残ってますね。
絵葉書の建物は、さすが師団司令部庁舎だけあって大きな洋館です。
現在、第10師団司令部の庁舎はありませんが、煉瓦の兵器庫師団長官舎が現存しています。

古写真・砲艦(嵯峨?)

砲艦
大戦中の頃と思われる古い写真です。
個人撮影の写真のようで、説明・書き込み等一切ありません。写っているのは砲艦
以下、砲艦についての説明です。
続きを読む

古絵葉書・三ツ矢サイダー能勢工場

三ツ矢サイダー
今も昔も愛されている三ツ矢サイダー。
サイダーといえば、お年寄りも懐かしい思い出があるのではないでしょうか。
私も夏休みに家に置いてあったビンのサイダーをおいしく飲んだ思い出があります。
三ツ矢サイダーは明治17年から売り出された歴史ある飲料で、現在も売られている
最古参でロングセラーの飲料ですね。
この工場は兵庫県の能勢工場ですが、工場というより民家のようです。


古絵葉書・銀座通り

銀座通り
大正時代頃の銀座通りです。
銀座の煉瓦通りは、明治の文明開化の象徴でした。通りに並ぶ煉瓦造の西洋建築は、
明治の人々に異国の街並みを体験させたのでした。
左手前は服部時計店。通りには市電。右端にはちょっとだけ人力車が見えますね。
大正12年まではこのように明治の文明開化のころの街並みをそのまま残していましたが、
関東大震災により壊滅。煉瓦造や石造の時代は終わり、鉄筋コンクリートの時代へと移るのでした。

古絵葉書・愛知県商品陳列館

愛知県商品陳列館
ルネッサンス風の豪華な洋館ですね。
明治末期に建てられたこの洋館は、博覧会や展示会などのイベントで使われました。
もし残っていたらさぞかし素晴らしい建物だったのでしょうが、
残念ながら現在は見ることは出来ませんね。

*吉野様から情報を頂きました。
「名古屋市中区大須にありました。もとは総見寺の境内でした。
昭和5年ごろ取り壊され跡地は分譲。
取り壊し中の絵葉書を名古屋の古書店で見たことがあります。」

古絵葉書・旧広島大本営

広島大本営
かつて、広島城内にあった旧大本営の建物。
もともと、明治初期に設置された陸軍第5師団の建物でしたが、
日清戦争勃発に伴い大本営が設立。この第5師団の建物が大本営の本部になり、
明治天皇も滞在されました。
日清戦争終了後大本営は解散しましたが、この建物は文化財になり、
昭和2年に国の史跡として保存される事になりましたが、
昭和20年の原爆投下で後ろの広島城天守ともども倒壊炎上し、
現在は基礎と史跡指定の際に立てられた石碑が残るのみです。

古絵葉書 新潟県会議事堂

新潟県会議事堂
現在、重要文化財に指定され大切に保存されている新潟県会議事堂の建物です。
明治16年に建てられたこの議事堂は、議事堂で最古クラスのもので
明治前期に多く作られた擬洋風というべき洋館です。
古い明治10年代の建物が今でも見られるなんて素晴らしいことですね。

こちらで現在の姿を見ることが出来ます。


ご訪問者3000人突破と3人が若い頃。

祖母と父と叔父と
訪問者数が3000人を越えました。
いつもいつもありがとうございます。
続きを読む

古絵葉書 京都控訴院

京都地裁
京都御苑の南側、丸太町通に面して建っていた京都控訴院、後の京都地裁の洋館です。
大正時代に建てられた石張りの洋館は、10年ほど前までは残っていたのですが、
惜しくも取り壊されました。残念ながら私は見たことがありませんが、写真で見る限り、
それは立派な建物だったようです。この絵葉書は、エンボス加工されています。

古絵葉書 浅草花屋敷の動物園

浅草花屋敷
浅草花屋敷内の動物園の様子です。
私の小さい頃もそうでしたが、昔の地方の動物園ってこんな感じでしたね。
右手前の檻はペリカンです。檻に何か注意書きがありますね。
左の檻はどうやらサルのようです。子供連れが写ってますが、
休日は家族とかでにぎわったのでしょう。

古絵葉書 巡洋艦 阿蘇

巡洋艦 阿蘇

荒波の中を行く、装甲巡洋艦阿蘇
続きを読む

古絵葉書 太湖汽船遊覧船

琵琶湖遊覧船

傷があるのが非常に残念。
琵琶湖の遊覧船会社の太湖汽船株式会社所有の遊覧船です。
遊覧船らしく、展望デッキが大きくとられていますね。
左奥の洋館は太湖汽船の社屋。観光客はこの船に乗ってゆったりと
琵琶湖の遊覧を満喫したことでしょう。
ちなみに、この太湖汽船会社は現在、琵琶湖汽船になっており今も遊覧船を運行しています。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>