Monthly Archives

 2007年02月 

古絵葉書・衆議院

衆議院
現在の国会議事堂が完成したのは昭和11年。それまでは仮の議事堂が使用されました。
最初の仮議事堂は明治23年に完成しましたが、火災で焼失。そのあと再び作られましたが、
大正12年にまたもや焼失。現在の国会議事堂が建築中であったため、急遽
仮議事堂が建てられ、現在の議事堂完成まで使用されました。
この絵葉書は、2回目に建てられた仮議事堂で、仮とはいえハーフチンバーの山荘のような
デザインの洋館がオシャレですね。
ちなみに、現在の国会議事堂は完成まで16年かかっており、外装も内装も国産の一級品を使用し、
かなり豪華な作りになっています。国会中継やニュースなどで目にする機会が多いですが、
細部まで観察すると、いかに手の込んだ建物かが良く分かります。
スポンサーサイト

古絵葉書・伏見桃山駅

伏見桃山駅
伏見桃山には明治天皇陵があり、戦前までは参拝者や修学旅行生でにぎわっていたようです。
駅舎を見ると、シンプルで規模も大きくない建物ですが、かつては多くの人で
にぎわっていたのでしょう。

古絵葉書・餘部橋梁

餘部橋梁
鉄道ファンにとっても近代化遺産としても貴重な存在の餘部橋梁。
完成したのは明治45年。すでに100年近くを経てもなお現役でい続けられる強靭な鉄橋です。
現在も観光名所となっていますが、当時から相当目を引く鉄橋だったのでしょう。
現在、架け替え工事が計画中で、2007年春には開始されるそうです。
貴重な近代化遺産として、観光資源として残って欲しいと思うのですが。

古絵葉書・福知山 広小路と公園地の遠望

福知山 広小路
福知山市には現在も広小路という通りがあり、その突き当りには、
明智光秀を祀る御霊神社があります。戦前は隣接する新町商店街とともに
福知山でも有数の繁華街でした。また、夏には歩行者天国となり福知山音頭を踊る人や
演奏する櫓などで大いににぎわいました。
繁華街的な賑わいを見せ始めるのは昭和初期からで、この絵葉書はまだ古い商家が
建ち並び、人々ものんびりと歩いている明治末期から大正初期の写真です。
天秤棒の商人や大八車といった伝統的なものもありますが、自転車や乳母車といった
モダンなものも見えます。左奥に鳥居が見えますが、現在はこの場所にはなく、
昭和初期にはすでにこの絵葉書のような面影はだいぶなくなっています。

古絵葉書・戦艦 安芸

戦艦 安芸
日露戦争開始直後に2隻の戦艦を失った日本海軍は、新たな戦力となる
戦艦を保有する必要性に迫られました。
戦艦「安芸」は、戦艦「薩摩」の2番艦として明治43年に竣工しました。
1番艦の薩摩はその前年に完成しましたが、すでに日露戦争が終結していたことと、
イギリスにてこれまでの戦艦の常識を覆す新鋭戦艦「ドレッドノート」の完成により、
完成前から旧式となってしまいました。安芸はそれを踏まえて設計を変更されたため、
薩摩とは違う性質の戦艦となっています。しかし、その安芸もワシントン海軍軍縮条約により、
標的艦として使われ姿を消しました。

データ
常備排水量:19,800t
全長:140.2m
最大速力:20.0kt

兵装
45口径30.5cm連装砲2基
45口径25cm連装砲6基
45口径15cm単装砲8基
40口径7.5cm単装砲16基
45cm魚雷発射管5門

古絵葉書・二等海防艦 沖島

海防艦・沖島
二等海防艦「沖島」は元々、ロシア海軍の海防戦艦「アブラクシン」で、
日本海海戦に参加し降伏後に日本海軍に鹵獲され、「沖島」と名を変えられました。
その後第一次大戦に参加したあと除籍。練習船として使用後廃船になりましたが、
福岡にて記念艦として保存のため係留されていたようですが、嵐のため座礁。
そのまま解体されました。

データ
常備排水量:4,126t
全長:80.62m
最大速力:15.4kt
武装
45口径25.4cm連装砲1基
45口径25.4cm単装砲1基
45口径12cm単装砲4基
47mm単装砲12基
45cm魚雷発射管4門

古絵葉書・舞鶴水雷団

舞鶴水雷団
水雷団とは、水雷を主兵装とする水雷艇・駆逐艦・潜水艇で編成される攻撃部と、
機雷等を敷設する敷設艇で編成される敷設部で構成される部隊です。
舞鶴水雷団は、舞鶴鎮守府開庁の明治33年に設置されました。

古絵葉書・神田凱旋門

神田凱旋門
凱旋門といえばパリの凱旋門が有名ですが日本でもかつて多くの凱旋門が建てられました。
凱旋門は日清戦争から建てられていますが、一番多く建てられたのは日露戦争のもので
洋風だけでなく、和風の寺か神社の楼門のような凱旋門も建てられています。
この神田凱旋門も日露戦争戦勝記念として建てられたもので、人物と比較しても
かなり大きなものだったことが分かります。
日本の凱旋門は基本的に仮設なので、一定期間がたつと取り壊され、
また終戦後のGHQによる軍国主義に繋がる記念碑の撤去指導もあり、
全国で無数に作られた凱旋門のほとんどが失われました。
現在、鹿児島県姶良町に石造の物が一つ、静岡県引佐町に煉瓦造のものが1つ、
全国でわずかに2つだけ残っています。こちらを参考にしてください。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>