Monthly Archives

 2007年08月 

古絵葉書・京都電燈株式会社

京都電燈
京都電燈株式会社は、明治21年に全国で4番目の電燈会社として設立しました。
木屋町の高瀬川沿い、現在の旧立誠小学校の南側に
煉瓦造の社屋が建てられ、当初は会社の敷地内で石炭を利用した
火力発電で発電が行われました。この絵葉書の建物はその当時の社屋と思います。
その後、敷地内での火力発電は廃止し琵琶湖疏水からの
蹴上発電所からの供給を受けることになります。
(火力発電に関してはその後、伏見などで新たに発電所を建設)
京都電燈は、昭和12年に京都駅前に武田五一設計の社屋を建設しています。
現在、関西電力京都支店になっている建物ですが。
煉瓦の旧社屋はすでに存在しませんが、その後どうなったかは分かりません。
いつ頃まで残っていたのでしょう。
スポンサーサイト

古絵葉書・松ヶ崎浄水場 竣功記念

松ヶ崎浄水場袋
琵琶湖疏水の流れは、蹴上で西に向かって流れる本線と、
北に向かって流れる分線とに分かれます。北へ流れる疏水分線は松ヶ崎で終点を迎えます。
その分線の水を飲料用に利用するため作られたのが松ヶ崎浄水場です。
この絵葉書は昭和2年に完成した松ヶ崎浄水場を記念して作られた5枚セットの絵葉書です。
中の絵葉書は「続きを読む」の先に紹介してますので、「続きを読む」をクリックして御覧下さい。
続きを読む
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>