Monthly Archives

 2008年01月 

古絵葉書・福知山町全景

福知山町全景
絵葉書の様式から、明治後期頃と思われる、現・福知山市の全景です。
元々福知山城の曲輪の一つだった伯耆丸から撮影されたもので、
戦前の福知山市街地の全景を撮影した絵葉書はほとんどが
伯耆丸からの撮影です。街並みを観察しても西洋館らしき建物が見当たらず、
日本家屋ばかりが占めています。正面奥の山は姫髪山。
これまでに何枚か福知山市街地の全景を撮影した絵葉書を紹介していますので、
見比べてみてください。

参照・福知山町の全景1 福知山全景(福知山名所)
スポンサーサイト

古絵葉書・神戸海岸通

神戸海岸通
明治末期頃の神戸海岸通を写した手彩色絵葉書です。
中央の旗が翻る青っぽい建物は、香港上海銀行。奥のピンク色っぽい建物は
神戸オリエンタルホテルの建物で、ともに明治40年の完成です。
その2つの建物の間にはアメリカとイギリスの国旗が掲げられています。
領事館でしょうか。

古絵葉書・大同ダム大井発電所

大同ダム大井発電所袋
大同大井発電所は、岐阜県恵那市と中津川市の境にあるダムで、大正13年に完成しました。
ダムに付属して同時に発電所も建設され、国内初のダムとダムを利用した
発電所のセットの例となりました。
この大事業を起こしたのが、福澤諭吉の養子であり、「電力王」と称された福澤桃介です。
福澤桃介は、他にも重文の読書発電所など、木曽川一帯に発電施設を建設し、
大同電力と東邦電力を設立した人物でもあります。
現在、大同大井ダムは貴重な近代化遺産・土木遺産として、
土木学会から選奨土木遺産に指定されています。
この絵葉書は大同大井ダムのセット絵葉書です。10枚ほど入ってましたが、
何枚かは同じアングルがありますので、抜粋して紹介します。

続きを読むから御覧下さい。
続きを読む

古絵葉書・長崎県庁

長崎県庁
明治44年に建てられた3代目の長崎県庁です。
ルネッサンス様式の華麗な建物ですね。
この建物を見たとき、ある洋館を思い出しました。
現在重要文化財に指定されている京都府庁旧本館で、明治37年に完成した
ルネッサンス様式の建物です。(参照1参照2
明治35年に建てられた旧兵庫県庁とともにこの長崎県庁は
それらを参考にして建てられたものと思われます。

古絵葉書・横浜港

横浜港
昭和初期頃の横浜港上空のカラー写真です。
手前に見えるレンガ建築は現在も残る新港埠頭の煉瓦倉庫だと思います。

古絵葉書・三菱銀行中庭柱廊

三菱銀行中庭
規模から見て、恐らく本店ではないかと思います。
列柱に面した中庭は大銀行の中とは思えない素敵な空間ですね。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>