Monthly Archives

 2008年12月 

書籍・平和記念東京博覧会出品・文化村住宅設計図説

住宅博覧会1
今回は絵葉書ではなく書籍なのですが、以前紹介した
「平和記念東京博覧会文化村住宅」の絵葉書と
関連した書籍ですので、紹介いたします。
続きを読む
スポンサーサイト

古絵葉書・高山停車場(高山駅)

高山停車場
小京都として知られる飛騨高山の地に高山駅が開業したのは昭和9年のことです。
そのときにできた駅舎は、ご覧のようにとてもモダンなモダニズムスタイルの駅舎でした。
一切の装飾を排し、時代の先端をゆくこの駅舎は、
古い日本建築が並ぶ飛騨高山の地において、非常に目立つ存在ではなかったでしょうか。
現在は風致地区として観光地として景観が守られているため、
再びこのような建物を建てようとしたら大反対が起きるでしょうけど、
この駅舎が完成した昭和9年当時は、町の近代化の象徴的な建物として
歓迎されたのかも知れません。

現在もこの駅舎は使われていますが、ベランダ部分は壁でふさがれ、
1階部分の回廊も庇でおおわれてしまっているため、
この開業時のようなかっこいいデザインは残念ながら失われています。

古絵葉書・呉市役所

呉市役所
詳しい竣工年はちょっと調べきれませんでしたが、
建物のデザインからおそらく大正期に竣工したと思われる
呉市役所の絵葉書です。
どうやら木造のようですね。
中央に建つ塔屋は当時よく目立つ存在だったと思われます。

ところで、今回紹介した4種の呉の絵葉書には(要塞認可)の
文字が入ってます。
これは、呉市に海軍鎮守府をはじめとした海軍関連の施設が多数存在し、
戦艦大和を建造したことでも知られる大規模な海軍工廠も存在した
海軍の主要港だったからです。
そのため、要塞地帯法という法律が存在し、撮影などに制限があったためです。

呉市に存在した旧海軍関連の施設の絵葉書は、以前紹介しております。
「中国・四国地方」のカテゴリでご覧ください。

古絵葉書・呉市二河橋

呉二河橋
呉市を流れる二河川に架かる橋です。
昭和7年に鉄筋コンクリートの橋に架けかえられてますので、
この絵葉書はそれ以前の架け替え数年前のものと思われます。
市電が橋を走っているので、本通りへとつながる主要な通りの橋だったのでしょう。

古絵葉書・呉市本通り

呉市本通り
呉市のメインストリートである本通りです。
左に本通郵便局が見えます。
昭和初期に流行したスズラン灯と市電が見える一方で、
右手前には人力車が走っています。
呉市本通り夜景
こちらは本通りの夜景の様子。スズラン灯がしゃれてますねぇ。
昭和初期各地に作られたスズラン灯も今は見ることはできません。
結構洒落ているデザインだと思うのですけどね。

古絵葉書・氷上郡上久下村営水力発電所

氷上郡上久下村営水力発電所
丹波市山南町にあるこの煉瓦の小さな発電所は、
大正11年に上久下村が建設した村営の水力発電所です。
当時隣町に電気が引かれたのを見た上久下村の人たちは
「わが村にも電気を」と切望し電力会社に掛け合いましたが、
中々実現に至らず、それならば自分たちで発電所を作ろうということになり、
村内の山林を売却した資金などを使い完成。
巨額の費用で完成したこの発電所は、村内に悲願の電気の明かりをもたらしました。
村の努力により完成したこの村営発電所は、昭和18年に関西配電(現・関西電力)
へ売却。戦後も使用されましたが、昭和38年に機器が故障してからは
この発電所は廃止となりました。
現在、この旧発電所の建物は老朽化が進んでいますが、
国指定の登録文化財に指定されて保存されています。
ちなみに、この発電所のすぐ下の川から話題となった恐竜である
丹波竜の化石が見つかり、現在も発掘がすすめられています。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>