Monthly Archives

 2011年07月 

古絵葉書・舞鶴重砲兵連隊 連隊本部

舞鶴重砲兵連隊
明治30年に編成された舞鶴重砲兵大隊は、日本海側と舞鶴鎮守府防衛の為に建設された舞鶴要塞の
任務を担当しました。

昭和11年、重砲兵大隊から重砲兵連隊に昇格。
この絵葉書は重砲兵連隊の注釈がありますので、昭和11年以降の発行です。
絵葉書に写る建物は連隊本部。恐らく大隊時代から引き継いでいる明治の建物かと思われます。

現在、舞鶴重砲兵連隊の跡地は日星高校の敷地となってますが、当時の営門や建物がいくつか残されています。

関連記事・舞鶴重砲兵大隊
スポンサーサイト

古絵葉書・摩耶ケーブル摩耶駅

摩耶駅
大正14年に摩耶山観光用に造られたケーブルカーです。
高尾駅から摩耶駅までをつなぐ路線で、摩耶駅の近辺には、摩耶観光ホテルや摩耶遊園といった
娯楽施設がありました。

しかし、昭和19年に不要不急線に指定され運休。戦後の昭和30年から営業が再開されました。

この絵葉書は、摩耶駅のホームの様子を写したもので、ホームには多くの観光客で賑わっています。
現在摩耶駅は「虹駅」と名称が変わってますが、大正14年開業時の駅舎は改修はされているものの、
そのまま使われています。

古絵葉書・摩耶山ホテル

摩耶山ホテル
神戸市の摩耶山中にかつて豪勢なホテルがありました。
摩耶観光ホテルと呼ばれていたホテルで、昭和4年に完成。
鉄筋コンクリート造で、軍艦を思わせる外観から「軍艦ホテル」とも呼ばれました。

しかし、昭和19年に摩耶ケーブル線が不要不急線に指定され廃止されたのに伴い、
ホテルの営業も終了しました。

戦後、再オープンしたものの再び休止。その後、摩耶学生センターとして再利用されましたが、
1994年に閉鎖され、現在は廃墟となっています。

ホテルの廃墟自体は阪神大震災でも倒壊しませんでしたが、管理・整備等されておらず、荒廃している状態です。
廃墟ファンには通称「マヤカン」で有名な廃墟で、多くのサイトや出版物にも紹介されていたりします。
(原則立ち入り禁止です)

この絵葉書は、開業間もないころのものと思われ、ホテル周りの登山道の桜が綺麗ですね。
絵葉書に写る建物の部分は今でもその姿が保たれています。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>