Monthly Archives

 2012年12月 

古写真・ルノー乙型戦車

ルノー乙型戦車1
祖父の軍隊時代のアルバムにあった写真。写真の横に「ルノー軽戦車」の書き込みがあります。
写真の戦車はルノー乙型戦車かと思われます。

ルノー乙型戦車はフランスのルノーNC型戦車を日本で改良したもので、
当時輸入されたルノーNC型戦車の性能が予想以上に劣っており、故障などのトラブルも多かったため、
軍の技術本部が独自に改修したものが乙型戦車になりました。
改修後の乙型戦車は満州事変や上海事変で使用されたようですが、やはり性能の低さはカバーできず、
早々に前線から退き、国内の演習用に回されたようです。

写真は祖父が車長をしていた頃と思われる写真で、左上の人物が祖父。他3人が部下。
祖父の階級章は金筋が入っているので下士官時代であることは分かりますが、星の数が不鮮明。
しかし、アルバムの他の写真の時期から軍曹時代ではと思います。
ただ、祖父の所属は歩兵なので、戦車の車長をやっていたのはあくまで演習の一貫だと思われます。
ルノー乙型戦車2
こちらは別の写真。写っている上等兵は上の写真の右下の方だと思われます。
戦車は同じルノー乙型戦車。砲塔の形などがよく分かります。

祖父が存命の頃、戦車の車長をやっていた頃の話を何度か聞いたことがあります。

連隊内で戦車戦の演習をやったとき、戦車の車長は操縦手に指示をする時に操縦手の肩を蹴って
進む方向を指示するのですが、演習といえども各戦車は必死に競いあうのでつい力が入って
操縦手の肩をこれでもかと強く蹴っ飛ばしてしまい、演習後に操縦手とケンカになったとか。

祖父とケンカした人のうちの1人がこの中に写っているのでしょうか。
祖父が亡くなった今、もっと色々と話を聞いておけばよかったと今更ながら思います。
スポンサーサイト

古絵葉書・丹後由良海水浴場

由良海岸001
由良海岸は宮津市にある海岸で、舞鶴市との境に近い場所にある海水浴場です。
現在も夏になると多くの人が訪れる海岸ですが、絵葉書でもあるように
戦前から海水浴場として人気だったようですね。
絵葉書には水着を着た人たちが写っています。
絵葉書は昭和初期頃のもので、その当時の海水浴スタイルをうかがい知ることができます。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>