Monthly Archives

 2014年04月 

古絵葉書・中和束村役場

中和束村役場004
中和束村は現在の京都府相楽郡和束町で、明治22年に中和束村が発足。
昭和29年に西和束村・東和束村とともに合併しました。
この絵葉書は大正期に作られたものと思いますが、役場の建物は明治期のものと思われます。
役場の前に掲示板と思われるものがありますが、石造りらしき洋風のデザインの凝ったものになってます。
村に少しでも洋風の物を取り入れようと地元の名士が寄付したものでしょうか。
スポンサーサイト

古絵葉書・川崎第百銀行京都支店

川崎第百銀行002
川崎第百銀行は元々明治11年に設立した第百国立銀行を起源にし、
昭和2年に川崎銀行と合併して出来た銀行です。
しかし昭和11年に再び第百銀行と改称。
昭和18年に三菱銀行に吸収されました。

この絵葉書は川崎第百銀行京都支店の外観です。
建物のデザインは昭和初期の銀行建築で流行した典型的な古典建築。
正面のイオニア式の列柱が威圧感を高めています。

古絵葉書・京都アパート

京都アパートメント002
京都アパートは百万遍の近く、昭和6年に建てられた鉄筋コンクリート造の近代的なアパートです。
戦前のRC造の近代的な集合住宅は関東大震災後に建てられた東京の同潤会アパートなどが有名ですが、
大正時代以降会社勤めの中流家庭が増えたことにより、そういった層を対象とした
このような集合住宅が増えました。
しかし、大正昭和初期の集合住宅はまだまだ木造が主流であり、こういった近代的な構造と設備を持つ
アパートメントは庶民の憧れでもありました。
この絵葉書は京都アパートの記念品かお土産品として作られたものと思われます。
当時は絵葉書になるくらいの名所だったのかもしれません。
袋の中には外観と内部の計4枚の絵葉書が入っています。
続きを読むからご覧ください。

※2015年12月23日に新たに絵葉書セットとして入手しましたので、記事を加筆修正しました。
続きを読む
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>