Monthly Archives

 2015年06月 

古絵葉書・福知山公会堂

福知山公会堂001
福知山公会堂は大正12年に完成した建物で、現在の福知山市役所あたりにありました。
福知山公会堂の建物は絵葉書の写真を見ても分かる通り大規模な木造建築であったようです。
福知山公会堂が建てられた大正12年、福知山では迎賓館や図書館などいくつかの公共建築が建てられています。
都市開発事業的な計画があったのでしょうか。
福知山公会堂は戦後も使用され続けましたが、昭和45年に取り壊されました。
もし現存していたら大正末期の大規模な木造近代和風建築として貴重な建物であったと思われるだけに
惜しくあります。
スポンサーサイト

古絵葉書・戦艦加賀進水記念絵葉書

戦艦加賀進水記念絵葉書001
加賀は長門型戦艦の改良強化型として神戸の川崎造船所で建造された加賀型戦艦の1番艦で、
大正10年11月17日に天皇名代の伏見宮博恭王殿下御臨席のもと、10万人の観衆に見守られて進水しました。
日本海軍の誇りとされ国民から絶大な人気のあった戦艦長門・陸奥のさらなる強化型の戦艦として加賀は
かなりの期待を込められていたことが分かります。
しかし、建造途中に締結されたワシントン海軍軍縮条約により建造中止となり廃艦が決定。
標的艦として使用された後に解体の予定が建てられましたが、関東大震災によって空母改装予定だった戦艦天城の廃棄が決定したため、加賀が空母に改装されることが決定しました。
空母に改装された加賀は機動部隊の第一航空戦隊の一員として日中戦争から太平洋戦争開戦の真珠湾攻撃にも参加しましたが、昭和17年6月5日のミッドウェー海戦にて一航戦の僚艦である赤城、そして二航戦の蒼龍・飛龍とともに戦没しました。
この絵葉書は加賀の進水式を記念して発行された絵葉書セットで3枚のセットとなっており、
3枚ともエンボス加工された豪華な作りとなっております。

以下、絵葉書の紹介は続きを読むからご覧ください。
続きを読む

古写真・仙南電気工業 渡瀬発電所 

仙南電気工業渡瀬発電所001
渡瀬発電所は大正14年に仙南電気工業によって宮城県刈田郡七ヶ宿町の白石川に建設されました。
仙南電気工業は昭和4年に宮城県の県営になったようですが、この古写真は大正14年に発電所が完成した時のものと思われます。
写真の書き込みに「渡良瀬発電所」とありますが、これは間違いのようです。
以下、渡瀬発電所のものと思われる古写真を紹介します。
続きを読むからご覧ください
続きを読む

古絵葉書・豊郷尋常高等小学校(現・豊郷小学校旧校舎)竣工記念

豊郷小学校袋
滋賀県豊郷町にある豊郷小学校は、昭和12年に建てられた鉄筋コンクリート造の近代的な小学校で、
完成当時は「東洋一」と謳われた小学校でした。
設計は著名な建築家であるウィリアム・メレル・ヴォーリズ。
手すりに設置されたウサギとカメの像は小学校のシンボルとなってます。

この小学校は平成11年の校舎解体計画により危機的状況に陥りましたが、
解体反対が全国に知られるようになると保存を求める声が強まり、
この校舎は保存・改修されて図書館や資料館などが設けられた町の施設として
再スタートすることとなりました。

また、去年放送されたテレビアニメ「けいおん!」の主人公たちが通う高校のモデルとなったことで、
多くのファンが訪問することとなり、特に主人公たちが部活を行う部室(音楽準備室)は、
アニメでの部活の雰囲気が再現され、ファンの交流の場ともなっています。

この絵葉書はその豊郷小学校旧校舎が竣工した記念として発行されたもので、
私の手元には残念ながら3枚しかありませんが、元は講堂や図書館を含む10枚近くの
絵葉書が入っていたと思われます。

今回は入手したその3枚を紹介します。
豊郷小学校全景
豊郷小学校の全景。
中央の建物が本館。正面玄関の上の3階が音楽室。
右奥が講堂で、左手前が旧図書館。旧図書館には現在は観光案内所が入ってます。
基本的に大きな改造を受けなかったためか、現在とほぼ同じ姿です。
豊郷小学校模型
豊郷小学校校舎の模型。ウォーリズ設計事務所製作のものでしょうか。
豊郷小学校廊下
豊郷小学校校舎内の廊下。現在も当時とほぼ同じ姿を保ってます。
今回入手した中には、残念ながらウサギとカメの手すりや講堂・図書館・貴賓室。
そして、音楽室や音楽準備室の絵葉書はありませんでしたが、
今後も探していく予定です。
豊郷小学校001
竣工から数年経った頃と思われる豊郷小学校の絵葉書。(昭和18年の消印あり)
竣工記念絵葉書に写る樹木が少し育っていますね。
この絵葉書の風景は実習用の畑が駐車場になっていること以外現在と変わりません。
豊郷小学校外観
現在は整備され、地元の図書館等に利用されるほか、上記のアニメや映画のロケ地としても使用されています。

追記
豊郷小学校竹中工務店
昭和14年刊の建築写真集第四編(竹中工務店刊)に豊郷小学校が載っています。
こちは背面からの撮影ですね。

※関連記事・古絵葉書 豊郷尋常高等小学校

古絵葉書・豊郷尋常高等小学校

豊郷小学校001
けいおん!の高校のモデルとして有名になった滋賀県の豊郷小学校の戦前の絵葉書です。
豊郷小学校の校舎はW・M・ヴォーリズ設計で、小さな町に誕生した白亜の大規模な校舎は
豊郷村(当時)の村民の誇りでした。
この校舎の建築費用を負担し寄付したのは近江商人の古川鉄治郎。絵葉書の右上にある銅像の人物で
現在も校舎前に銅像が置かれています。
豊郷小学校は2001年に解体問題が起きましたが保存が決定し、現在は町の複合施設として使用されています。
2012年には国指定登録有形文化財に指定されました。
絵葉書の写真は校庭に植えられている樹木がまだ小さいことと、現在駐車場となっている実習用の畑以外は
現在とほぼ同じ風景を保っています。
豊郷小学校全景
こちらは以前紹介した竣工記念絵葉書の豊郷小学校。1枚目の絵葉書は竣工記念絵葉書より数年経った頃の撮影と思われます。1枚目の絵葉書は竣工記念絵葉書の左端に写る旧図書館(現・酬徳記念館)の屋上から撮影したものと思われます。
豊郷小学校の戦前の絵葉書は所有している竣工記念絵葉書と今回の絵葉書、そして豊郷小学校に展示されていた物の3点確認できました。他にもあるかもしれません。

※関連記事・古絵葉書・豊郷尋常高等小学校(現・豊郷小学校旧校舎)竣工記念

古絵葉書・我が福中(京都府立福知山中学校)7枚組

福知山中学校001
京都府立福知山市にある福知山高校の前身の福知山中学校の絵葉書です。
福知山中学校は明治34年に開校した京都府立第三中学校の後身で、
大正7年に福知山中学校に改称されました。
歴史ある公立学校として戦前から名が知られていましたが、
昭和13年に新校舎が建てられるまで明治以来の校舎が使用され続けたため、
本館や校舎は老朽化していたといいます。
昭和23年、京都府立福知山中学校、元京都府立福知山高等女学校、福知山市立農学校の
3校を統合、福知山中学校の校地が福知山高等学校となりました。
この絵葉書セットは同窓会用に作られたと思われ、大正時代のものと思われます。
福知山高校は私の母校でもあり、100年前の先輩達がどのような様子だったか伺い知ることができます。
中身の絵葉書は続きを読むからご覧ください。
続きを読む
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>