Monthly Archives

 2017年02月 

古写真・長野市内(?)の通りの防空壕

長野市 防空壕002
前所有者が長野市内と説明のあった戦時中の古写真ですが、通りの場所等含め詳細は不明です。
右手側の商店にある看板の文字等を拡大したりもしてみましたが読み取れませんでした。
ただし、写真の撮影された時期は写真に写されている白割烹着や和服の女性の姿から日中戦争開始から太平洋戦争前の時期かと思われます。
写真を見ると比較的大きな通りの真ん中に四角い穴があけられています。
これは空襲時に身を隠す防空壕・・・というより退避壕ですが、戦時中には多くの都市で盛んに作られました。
戦争末期の大空襲による結果を知る我々にとってはあまりに貧弱な壕ですが、焼夷弾の認識はあったものの当時の空襲による爆弾は爆発による建物の破壊を目的としたものが主で、爆風や破片から身を守れればよいという認識が主流だったためです。
時局防空必携001
所有している昭和18年版の時局防空必携の中にも当時の家庭用の退避壕について書かれています。
時局防空必携002
※サムネイルのクリックで拡大します。
書かれた退避壕のイラストによると深さは1m程度。古写真と同じく露天掘りで上には畳をかぶせるとあります。
当然直撃すればひとたまりもなく、文章中にも地面下に掘って作ったものの方がより安全であると書かれていますが、爆風や破片からとりあえず身を守る程度ならこの塹壕のような退避壕で十分と考えられていたのでしょう。
実際、太平洋戦争中盤の日本本土初空襲となるドーリットル隊の爆撃は通常爆弾を使用したピンポイント爆撃であり、また日本の木造家屋に対して従来の爆弾はオーバーキルとなり都市の破壊に対して大きな成果を得られなかったため、日本の都市のほとんどを占める木造家屋を効率よく破壊し都市全体を焼失させる焼夷弾を用いた大規模無差別爆撃が行われるようになったのは戦争末期の昭和19年から20年にかけてのことでした。
その頃には当然写真のような露天掘りの退避壕は役に立たず、それどころか地下式の防空壕すら危険な有様となってました。
スポンサーサイト

古絵葉書・新舞鶴警察署

新舞鶴警察署001
明治34年に開庁した舞鶴鎮守府により漁村だった東舞鶴一帯は海軍の軍港として発展、それに伴い街並みも整備されていきました。当時東舞鶴は江戸時代以来の城下町で旧来の舞鶴だった西舞鶴地区に対して「新舞鶴」と呼ばれました。
この警察署は東舞鶴地区にあった新舞鶴警察署です。
与保呂川沿いに建てられた木造の洋館は中々洒落ています。
現在、東舞鶴地区の警察署は市役所の近くにあり、かつての新舞鶴警察署の跡地は駐車場等になっています。

古絵葉書・鈴鹿海軍航空隊

鈴鹿海軍航空隊001
鈴鹿海軍航空隊は昭和13年に設立されたパイロット養成(予科練)の訓練飛行場で終戦まで多くの海軍のパイロットを育成しました。戦争末期になると実戦部隊の航空隊としても使用せざるを得なくなり特攻隊の基地としての役割も担うことになりました。
終戦後に部隊は解散。鈴鹿海軍航空隊の跡地は鈴鹿科学医療大学やNTTの敷地となり近年まで格納庫が残されていましたが現在は解体。当時の物は正門と門衛所のみが残されています。

番外編・冊子「代用食 芋と南瓜の上手な食べ方」昭和20年10月刊

去年の公開以来話題となり異例の大ヒットとなったアニメーション映画「この世界の片隅に」。
※公式サイト
広島市に生まれ呉市に嫁いだ主人公のすずの昭和8年から終戦後すぐまでを描いた作品で、私も拝見しましたが、よくある思想的・イデオロギー的な要素が強くなりがちな戦時中を描いた作品ではなく、戦時中であっても楽しいことや笑いがある日常、そしてその中で起こる悲しみなど戦時中の人々であっても現代と変わらない感情があったということを表現し、その中で平和の有り難さを伝えており、私自身素晴らしい作品だと感じることが出来ました。
ストーリーも見入るような内容で、最初は長いと思えた130分があっという間に感じました。
その作中の中で重要なテーマの一つだったのが食糧問題。呉市に嫁ぎ主婦として日々のメニューを限られた食料からいかにして考え家族に食わせるか苦心したシーンがたびたび登場しますが、見ているうちに戦争末期から終戦直後の昭和20年の食糧事情がどんなものだったのか興味が湧いてきました。
代用食
そして入手したのが昭和20年10月に出版された「代用食 芋と南瓜の上手な食べ方」。
私自身、祖父や祖母から戦時中の話はかなり多く聞いてきましたが、元々農家なため食料に関しては飢えるほどではなかったと聞いてました。(街から着物を持ってきて食料と交換して欲しいという人がたびたび来たくらいらしい。)
なので、祖父の軍隊時代の話は多く聞いていても食糧問題に関してはよく聞くような苦労話はあまり聞かなかったため、都会や街ではどうだったのかと知りたくなり、その一端としてこの資料を入手してみたわけです。
以下に中のページの一部を紹介してますので「続きを読む」より、ご覧ください。
続きを読む
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>