Monthly Archives

 2017年04月 

古写真・熊本 第6師団司令部(明治27年・2代目庁舎)

熊本第6師団司令部001
明治5年に熊本城下の旧藩主邸に置かれた熊本鎮台は明治21年に第6師団司令部再編成され、熊本・大分・宮崎・鹿児島の南九州地方の部隊を管轄しました。
熊本鎮台司令部は明治8年に熊本城大天守内に移転しますが西南戦争により大・小天守が焼失。一時現存の宇土櫓に司令部が移転した後、天守台の東側に鎮台司令部の庁舎が新築されました。
明治25年、第6師団と改称後も司令部庁舎として使用されていた旧鎮台司令部庁舎が焼失。明治25年に新たに庁舎が新築されました。
熊本第6師団司令部002
古写真の台紙裏の書き込み。「明治二十七年十一月二十八日第五高等学校医学部生徒修学施日之際購求之」とあり、旧制第五高等学校医学部(現・熊本大学医学部)卒業記念に購入したという内容ですが、購入時が明治27年なので、この第6師団司令部庁舎の古写真は明治25年に新築された2代目庁舎であることが分かります。庁舎は明治期らしい擬洋風建築のデザインをした建物です。
熊本第6師団兵営003
熊本第6師団の遠景写真。師団司令部庁舎の古写真と同じ台紙裏の書き込みがこの古写真の台紙裏にもあり、五高医学部を卒業した同じ人が購入したものです。(旧制五高医学部卒は相当なエリートですね。)
2代目の第6師団司令部庁舎は大正6年に2階建ての新庁舎に建て替えられ、戦後しばらくは学校の校舎や博物館に転用されましたが、昭和35年の大・小天守の再建の際に取り壊されました。
スポンサーサイト
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>