古絵葉書・舞鶴海軍下士卒集会所(明治期)

舞鶴下士卒集会所001
下士卒集会所とは海軍の下士官兵用の娯楽施設で、事務室や応接室の他に娯楽室や売店・道場などがあり、寄港して上陸した下士官兵が宿泊できる施設もありました。この舞鶴下士卒集会所は明治36年に北吸の軍港の構内に建てられました。
正門の前には現在国道27号線となっている軍港引き込み線だった中舞鶴線の線路が横切っています。下士卒集会所への出入りには線路を跨がないといけないようで、危険だったのではと思います。
舞鶴海軍下士卒集会所
当初の舞鶴海軍下士卒集会所はさすがに手狭になったのか、大正2年に寺川の河口の東、海軍官舎街の対岸に移転しました。この絵葉書は移転新築した舞鶴海軍下士卒集会所の本館です。流石に立派なものになっています。下士卒集会所では海軍関係のみならず、敷地内で海軍軍楽隊による演奏会が市民にも披露され、大変親しまれたそうです。

※関連記事
古絵葉書・舞鶴海軍下士卒集会所(移転後)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/1012-e4b50cc2

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>