冊子・滋賀県豊郷尋常高等小学校(現・豊郷小学校旧校舎群)建築概要

豊郷尋常高等小学校建築概要001
滋賀県豊郷町にある旧豊郷小学校は、昭和12年に建てられた鉄筋コンクリート造の近代的な小学校で、完成当時は「東洋一」と謳われた小学校でした。設計は著名な建築家であるウィリアム・メレル・ヴォーリズのヴォーリズ建築事務所。。手すりに設置されたウサギとカメの像は小学校のシンボルとなってます。
この小学校は平成11年の校舎解体計画により危機的状況に陥りましたが、解体反対が全国に知られるようになると保存を求める声が強まり、この校舎は保存・改修されて図書館や資料館などが設けられた町の施設として再スタートすることとなりました。
また、テレビアニメ「けいおん!」の主人公たちが通う高校のモデルとなったことで、多くのファンが訪問することとなり、特に主人公たちが部活を行う部室(音楽準備室)は、アニメでの部活の雰囲気が再現され、ファンの交流の場ともなっています。

この冊子は旧豊郷小学校の建築概要を記したもので、写真と平面図・各施設等が詳細に書かれています。
冊子の内容は続きを読むよりご覧ください。
豊郷尋常高等小学校建築概要002
校舎外観写真。昭和10年代くらいから流行した装飾の無いモダニズム様式です。
校舎本館や講堂・図書館は当時のまま残されています。
豊郷尋常高等小学校建築概要003
廊下。内部も装飾は廃されています。内部もほぼ当時のまま残されています。
豊郷尋常高等小学校建築概要004
図書館。図書館の内部はやや装飾的です。現在は観光案内所等に利用されています。
豊郷尋常高等小学校建築概要006
校舎屋上からの眺め。昭和12年当時は田園風景が広がる感じですが、現在は住宅やアパートが建っています。
豊郷尋常高等小学校平面図
※サムネイルのクリックで拡大します。
豊郷尋常高等小学校の平面図。本館と講堂、図書館と玄関前の噴水は当時のまま残されていますが、体育館や青年学校の校舎は現存していません。また、実習用の田んぼと畑は現在駐車場になっています。背後の運動場は新しく建てられた豊郷小学校のグラウンドとして利用されています。
豊郷尋常高等小学校建築概要008
豊郷尋常高等小学校建築概要010
定礎の銘文と概要。古川鉄治郎は豊郷町出身の実業家で、丸紅の専務取締役。この新築された豊郷尋常高等小学校の校舎及び内外設備、用具等全てを寄付した人物です。
豊郷尋常高等小学校の校舎は昭和11年3月9日起工・昭和12年5月30日竣工。
豊郷尋常高等小学校建築概要011
文中にある青銅製大鯉魚は今でも残されています。
豊郷尋常高等小学校建築概要012
校舎本館は鉄筋コンクリート造2階建て。中央3階建て。3階の屋上は天体観察用露台。文章を読むと外壁は二重壁で防音・防熱・保湿という最先端の作りだったようです。
豊郷尋常高等小学校建築概要013
文中を見ると、校舎は暖房完備で寒さの厳しい湖東において、児童は助かったことでしょう。講堂の地下にはボイラー室等がありました。図書館は子供読書室だけでなく、大人読書室や新聞雑誌閲覧室があり、更には2階に郷土室や貴重品陳列室・研究室があるなど、小学校の児童だけではなく町内の住民も利用できるようになっていたようです。
豊郷尋常高等小学校建築概要014
体育館は現存していませんが、現在でも良く見られるような鉄骨造りだったようです。講堂が式典などの行事が行われたのに対して、体育館は運動だけでなく映画や学芸会などのイベントの利用に使われたようです。
同じく現存しない青年学校の校舎はモルタル塗りの壁の木造だったようです。
豊郷尋常高等小学校建築概要015
かつては、飼育小屋や温室、育雛舎などがありました。
豊郷尋常高等小学校建築概要016
暖房は温水を使ったもので、ボイラーで温めていたようです。便所は児童用は内務省から公表された改良便所。つまり汲み取り式。その他は水洗便所。電気設備も充実していて、照明はもちろん、時計も電気式。校内の内線電話もありました。当時の学校としては最新の設備だったと思います。
豊郷尋常高等小学校建築概要017
設計はヴォーリズ建築事務所。施工は竹中工務店。
豊郷尋常高等小学校建築概要018
理科の備品は島津製作所の制作だったんですね。

※関連記事
古絵葉書・豊郷尋常高等小学校(現・豊郷小学校旧校舎)竣工記念
資料・豊郷尋常高等小学校(現・豊郷小学校旧校舎群)開校式案内図
スポンサーサイト

コメント

噴水の鯉は戦時中に供出されて、噴水の水の管だけが残されてました。昭和5-60年くらいに児童の卒業記念でけいおん!に出てくるイルカと少年の白い像がつけられて、今もそれは行内に残されてます。現在の鯉は石造で復元したものです。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/1013-1a3549e8

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>