古絵葉書・陸軍造兵廠名古屋工廠(熱田製造所・千種製造所)

陸軍造兵廠名古屋工廠001
陸軍造兵廠名古屋工廠は明治37年に設置された陸軍の兵器工場ですが、当時、陸軍の兵器工場は東京砲兵工廠と大阪砲兵工廠のみで、2工廠での生産では供給が追い付かず、日露戦争に伴う兵器・弾薬不足は深刻となり名古屋に東京砲兵工廠の分工廠としての名古屋工廠が設置されることになりました。それが絵葉書左の「名古屋工廠本部及熱田製造所」で、日露戦争以後は航空機のエンジンの製造もおこないました。大正8年に航空機のエンジン製造部門として新たに千種地区に工場が設置。それが右側の「名古屋工廠千種製造所」です。
太平洋戦争末期、空襲により被害を受け特に千種製造所は壊滅的被害を受けました。
現在、名古屋工廠本部の跡は神宮東公園に、千種製造所跡は千種公園となり記念碑が建てられていますが、中京倉庫の敷地となっている熱田製造所跡は今でも当時の煉瓦造りの建物が残されています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/1023-3ed76e50

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>