古絵葉書 名古屋名所 県庁附近小公園

名古屋県庁附近

大正時代のものと思われる名古屋市内県庁附近の絵葉書です。
今と違い、高いビルはありませんが、あちこちに洋館が建っていますね。
道路には市電も走っています。中央の大屋根の建物が県庁なんでしょうか。
だとすれば、昭和13年にこの場所に名古屋城の天守を模した塔屋を乗っけた
帝冠様式の大きな県庁ビルが建てられます。

*吉野様から情報頂きました。
「撮影した場所は今の中日ビル付近からNTTのビル方向に向けて撮影しています。
現在の東区新栄町です現在ある県庁の位置(中区三の丸)とは異なります。」
スポンサーサイト

コメント

やはり尾張名古屋は城で持つというやつですね。

というわけでpentaさん、名古屋城天守をUPして見ました。姫路城よりすごい
最大級の大天守、二条城二の丸御殿と双璧をなす本丸御殿。
残っていれば確実に世界遺産のこの城が失われたのは、本当に惜しいことです。

木造建築の宿命ですね。

彩色

これって彩色してるよね?。好きなんだよねぇ、独特の美しさがあって。

>>まこと氏
ええ、手彩色ではないでしょうけど、
ちゃんと着色したものです。
この頃のカラーはちょつと正確さに欠ける面もありますが、当時の雰囲気を感じることが出来ますね。

場所

撮影した場所は今の中日ビル付近からNTTのビル方向に向けて撮影しています。現在の東区新栄町です
現在ある県庁の位置(中区三の丸)とは異なります。

吉野さま。
情報ありがとうございます!
早速記事に書き加えさせてください。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>