古絵葉書・戦艦 安芸

戦艦 安芸
日露戦争開始直後に2隻の戦艦を失った日本海軍は、新たな戦力となる
戦艦を保有する必要性に迫られました。
戦艦「安芸」は、戦艦「薩摩」の2番艦として明治43年に竣工しました。
1番艦の薩摩はその前年に完成しましたが、すでに日露戦争が終結していたことと、
イギリスにてこれまでの戦艦の常識を覆す新鋭戦艦「ドレッドノート」の完成により、
完成前から旧式となってしまいました。安芸はそれを踏まえて設計を変更されたため、
薩摩とは違う性質の戦艦となっています。しかし、その安芸もワシントン海軍軍縮条約により、
標的艦として使われ姿を消しました。

データ
常備排水量:19,800t
全長:140.2m
最大速力:20.0kt

兵装
45口径30.5cm連装砲2基
45口径25cm連装砲6基
45口径15cm単装砲8基
40口径7.5cm単装砲16基
45cm魚雷発射管5門
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>