古写真・舞鶴港の軍艦(装甲巡洋艦・吾妻)

舞鶴港軍艦

舞鶴港に停泊している軍艦。古風な軍艦で、明治期や大正期の
軍艦のようです。ただし、撮影時期は昭和初期のものです。

*ネットで調べた結果、装甲巡洋艦「吾妻」である可能性が高いことがわかりました。
装甲巡洋艦・吾妻は、明治33年にフランス・ロアール社で竣工後、日本海海戦に参加、
その後、海防艦に変更されたあとは、舞鶴海兵団や舞鶴機関学校の練習艦として使用されました。昭和19年練習特務艦になり、19年2月15日に除籍、翌年舞鶴海軍工廠で解体され
その艦歴を閉じました。この写真は、昭和9年撮影のものですので、
練習艦時代のものと思われます。

データ
基準排水量:9,326t
全長:131.55m
全幅:18.15m
最大速力:20.0kt

武装
45口径20.3cm連装砲2基
40口径15cm単装砲12基
40口径7.5cm単装砲12基
47mm単装砲12基
45cm魚雷発射管5門
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/tb.php/19-8cdf0e22

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>