古絵葉書・浦上天主堂

浦上天主堂
昭和20年8月9日、長崎市に落とされた原子爆弾は、
一瞬の内に浦上地区を壊滅させました。
浦上地区のシンボルであった浦上天主堂もあっという間に瓦礫へと変わってしまいました。
現在、浦上天主堂は被爆前の姿に再建され、再び同地区のシンボルとなっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>