古絵葉書・山陽ホテル

山陽ホテル
下関市にあったホテルで、2代目のもの。
大正12年に建てられたこのホテルは辰野・葛西建築事務所による設計で、
(東京駅・日本銀行を設計した辰野金吾の設計事務所)大陸に渡る
政府高官や皇族が必ず宿泊したという格式あるホテルでした。
この建物は現存していますが、現在はホテルとして使用されていません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>