古絵葉書・富山県庁

富山県庁
旧富山城内に明治33年に建てられ、昭和5年に焼失した旧富山県庁です。
明治後期の建物にしては、明治初期のような擬洋風のデザインになっており
古風に感じます。あと、正面に塔屋を設けて玄関にしていますが、
なんだか建物のデザインとしては中途半端に見えますので、
もしかしたら、正面の塔屋部分は後に改装の予定があったのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>