古絵葉書・日比谷上空(旧鹿鳴館がちょっとだけ写ってます)

日比谷上空
昭和初期から10年代前半頃の東京日比谷上空の絵葉書です。
左が日比谷公園。(塔屋のある建物は、現在もある日比谷公会堂)
絵葉書の右側奥にちょっとだけ写っているのが帝国ホテルです。
日比谷公会堂の道路挟んで向かいにある白いビルは日本徴兵生命保険の建物ですが、
その奥にやや古風な洋館があるのがお分かりでしょうか。
じつはこれ、鹿鳴館の建物です。明治16年に完成した鹿鳴館は、
明治の文明開化の象徴として教科書に載るくらい有名ですが、
その後の鹿鳴館は余り知られてませんね。
鹿鳴館は、すでに明治27年には華族会館として払い下げられてます。
その後、昭和15年に解体されるまで残ってました。
となると、大正期や昭和期の旧鹿鳴館を写した絵葉書なり古写真が
もっとあってもおかしくないはずですが、これが中々見つからず。
鹿鳴館
旧鹿鳴館の部分をちょっと拡大。この絵葉書ではこれが精一杯。
以前、もう少し寄った絵葉書を見かけたのですが、結局手に入れられませんでした。
もっとしっかりと撮影されている絵葉書等があるはずと思いますので、
今後も捜索を続けます。
(鹿鳴館の写真自体は、ネットで検索すれば結構出てきます。)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>