古写真・五條橋中嶋(明治初期撮影)

五條橋中嶋
五條橋とは、かつて存在した五条小橋のことだと思われます。
中央やや左の石橋らしき橋が五條橋で、右側に見えている橋が五条大橋だと思います。
明治初期の五条大橋の写真は検索では見つけられませんでしたが、
同時期の四条大橋の写真を見ると、洋風の鉄橋になっており、この古写真に写る五条大橋
の様子から、同じデザインの鉄橋だったと思われます。
しかし、明治後期の五条大橋の写真を見ると擬宝珠を乗せた和風の橋になっており、
それまでに架け替えられたようです。
調べた結果によると、明治11年に当時の知事が一旦擬宝珠を取り外しましたが、
2年後に来られた明治天皇が擬宝珠のことについて尋ねられ、すぐに戻したという話があります。
この橋が具体的に明治13年以前のものかどうかはわかりませんが、
明治初期の撮影であることは間違いないようです。

追記・もしかすると、洋風トラスの木製橋だった可能性があります。
こちらの資料を見ると、天正期以来の石製の橋脚の上に、木製の洋風トラスの橋が載っています。

*地域に関しては京都市のカテゴリになるのですが、明治初期の貴重な古写真であるので、
貴重資料のカテゴリに分類しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>