古絵葉書・辻紡績本館(旧京都綿ネル本館)

辻紡績本館
京都市の壬生の地、JR嵯峨野線沿いに広大な敷地を持つ工場があります。
そこがかつての京都綿ネルの工場で、明治31年に工場が作られました。
大正4年、辻紡績に譲渡されるのですが、この絵葉書はその辻紡績時代に
撮影されたものです。ただし、この絵葉書の本館を含め、工場の施設は
京都綿ネル時代のものをそのまま使用しています。
その後、昭和18年に島津製作所が譲り受け、さらに戦後の昭和23年に
現在の日本写真印刷が所有しました。
現在、敷地内には京都綿ネル時代の赤煉瓦の工場施設が現存し、
貴重な近代化遺産群となっています。この本館も現存しているのですが、
外壁や窓周りに張られた石材が取り除かれており、当初よりも賑やかさは
なくなっています。
スポンサーサイト

コメント

今の外観とずいぶん違いますね。
どう見てもオリジナルの石貼りの勝ちです。
設計者が英国人というのもうなずけます。

gipsypapaさん
窓のあたりが特に変わってますね。
そのまま残ってたらもっと見栄えはしていたでしょうけど。
現在修復工事中ですので、もしかしたら復活するかも。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>