古写真・明治26年ごろ撮影?の湾内に停泊中の巡洋艦松島・千代田・浪速

湾内の松島・千代田・浪速
明治中期ごろに撮影されたと思われる鶏卵紙の古写真です。
どこの湾内かは不明ですが、軍艦が3隻停泊しているのが確認できます。
遠景からの撮影なので分り難いですが、送っていただいた方からの情報では
右から巡洋艦松島・巡洋艦千代田・巡洋艦浪速だということです。

松島は明治25年にフランスで竣工した軍艦で、清国が所有していた鎮遠・定遠に
対抗するため、大口径の艦砲を1門搭載した艦でした。
しかし、小さな船体に巨大な砲を積んだせいで、使い勝手は悪かったようです。
松島の同型艦としては橋立・厳島があり、名前から「三景艦」とよばれ、
日清戦争に参加しましたが、日露戦争ではその使い勝手の悪さからか
後方での作業に徹することになりました。

千代田は明治24年にフランスで竣工した3本マストの軍艦で、日清戦争・日露戦争
第一次大戦もに参加した歴戦の軍艦です。また、初代連合艦隊旗艦でもあります。
昭和2年に廃艦となりましたが、松島と比べて日露戦争でも実戦を経験しているので、
艦としては優秀であったと思われます。

浪速は明治19年にイギリスで竣工した軍艦で、写っている艦の中では最も古い艦になります。
日清戦争と日露戦争に参加して生き延びてますが、明治45年に座礁、沈没しました。

この写真は明治25年に完成した松島が写っているのでそれ以降の写真になりますが、
写真の状態と元の持ち主の方の「日清戦争前の撮影では?」とのご意見から、
明治26年あたりではないかと推測されます。ただし、よく見ると各艦とも満艦飾を施しているので、
日清戦争終結直後という可能性も考えられます。
撮影時期、撮影場所とも今後調べていく必要があるようです。
何か気付かれた方は教えてくださいませ。

*当写真のカテゴリとしては艦船・鉄道・車両のカテゴリに含まれるものですが、
明治中期の艦船の様子を撮影した貴重な古写真であることから、
貴重資料のカテゴリに含めました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>