古絵葉書・宮津 大手橋

宮津 大手橋
宮津市の市街地を流れる大手川は、かつて宮津城の外堀として利用された川でした。
その川に面して宮津城の大手門が建っていたのですが、その大手門に通じる橋が
大手橋でした。
この絵葉書は明治期の大手橋を撮影した絵葉書で、写っている大手橋は
洋風の石橋となっているため、明治以降に架けられた橋であることがわかります。
しかし、大手川の護岸は石垣積みで、城の堀とされていた時代のなごりが
まだ残されています。
また、橋の向こうには白壁の土塀が続いています。
宮津城には、明治初期に撮影された大手門の古写真が残っていますが、
その古写真を見ると、大手門の両脇には長い土塀が続いています。
宮津城は明治初期に建物が破壊されたあと、城域自体が徐々に市街地化されたため、
現在はこの大手川の城外側の石垣しか城の遺構はありませんが、
絵葉書に写る塀が宮津城の塀だとしたら、
この絵葉書が撮影されたと思われる明治後期ごろはまだ、
城の石垣と土塀が残っていたことになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>