古絵葉書・高山停車場(高山駅)

高山停車場
小京都として知られる飛騨高山の地に高山駅が開業したのは昭和9年のことです。
そのときにできた駅舎は、ご覧のようにとてもモダンなモダニズムスタイルの駅舎でした。
一切の装飾を排し、時代の先端をゆくこの駅舎は、
古い日本建築が並ぶ飛騨高山の地において、非常に目立つ存在ではなかったでしょうか。
現在は風致地区として観光地として景観が守られているため、
再びこのような建物を建てようとしたら大反対が起きるでしょうけど、
この駅舎が完成した昭和9年当時は、町の近代化の象徴的な建物として
歓迎されたのかも知れません。

現在もこの駅舎は使われていますが、ベランダ部分は壁でふさがれ、
1階部分の回廊も庇でおおわれてしまっているため、
この開業時のようなかっこいいデザインは残念ながら失われています。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>