祖父の死

20060304151502.jpg
私事ではありますが、今年1/2に祖父が亡くなりました。88歳でした。
ずっと寝たきりで、自宅での死去となったのですが、
正月ということもあって、家族や親類全員が立ち会えることができ、
特に祖母が死の瞬間に立ち会っているので、
死に方としては幸せだったのではないかと思います。

祖父は志願兵で陸軍に入隊。途中仙台陸軍教導学校で下士官の教育を受け、
職業軍人として6年軍隊に所属し、最終階級は准尉という叩き上げの軍人生活を
過ごしました。

祖父はずっと内地勤務で連隊本部とかにいたようで、戦地での過酷な経験は
しておりませんが、戦中・戦後の苦労は大変だったものだと思います。

まだ元気だったころ、祖父からいろいろな話をしてもらいました。
軍隊時代の訓練の話や地元に伝わる昔話など。これらの話は
記録にとどめ、残していきたいと思っています。
また、私が小さい頃は各地の城郭などいろいろ連れて行ってもらった記憶があります。

最後に、昔の祖父の写真を紹介して締めたいと思います。
祖父
祖父と祖父の部下たち。前列中央左が祖父です。
20060305133042.jpg
祖父と祖母の結婚式の写真。自己紹介のサムネにも使用している写真です。

これらの写真で着ている軍服はまだ蔵の中に一式あります。
戦中の資料として、写真とともに受け継いでいこうと思っています。
スポンサーサイト

コメント

ご祖父様のご逝去を悼み 心から冥福を お祈り申し上げます
ご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。
寝たきりだったとの事でご家族様 ご苦労様でした。
私も父が92 母が89 正月明けに病院へ連れて行き そのまま検査入院 二人とも介護施設を嫌う 考え方は明治!!人間。 介護度が低い分 元気では有るのですが 御蔭で老々介護の身では私達自身の事由も無く 介護の苦労は身を持ってわかっているつもり!!
(^~^;)
軍隊教練の話 地元の伝承・昔話等
折々に”べーさん”のブログ関連写真に添えて 紹介していただければと思います。

今年もヨロシク お願いします

天々様

祖父からは元気だった間にいろいろな話を聞きました。
今思えば、元気だったうちに地元の伝承や軍隊での出来事を聞けてよかったと思います。私が覚えていることで後々まで伝えることができますから。

昔話は2つほど聞きました。
「二塚きつね」と「西瓜の失敗」
折を見てどこかで書こうと思います。
記録も兼ねて。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>