古絵葉書・福知山名所 新町通り

新町商店街
現在は閑散としたシャッター通りとなってしまっていますが、
かつて新町通り商店街は福知山でも一番を誇る繁華街でした。
昭和8年には福知山で初となる高層建築の百貨店「三ツ丸百貨店」が開店し、
その向かいには福知山銀行本店が広小路側の商店街内に建てられ、
そこから駅へと延びる商店街の通りには多くの店舗が軒を並べ、
さらにはスズラン灯が通りを照らしていました。
最盛期には平日であっても込み合っていたそうです。
この絵葉書は昭和初期から昭和10年代のものですが、
店ごとに掲げられた幟の数や行きかう人々などから、
いかに栄えていたかがわかりますね。

しかし、戦前から戦後しばらく間で栄えていた新町商店街も
車の普及や大型店舗の進出という時代には勝てず、
次第に客足が少なくなり閑散としていきました。
三ツ丸百貨店も戦後京都銀行となり、その京都銀行が移転した後は
文化資料館とリサイクルセンターとして使用されました。

現在は、旧三ツ丸百貨店の建物が「ポッポランド」として
利用されて商店街の活性化を図ろうとしてますが、
多くの商店がシャッターを下ろしているだけでなく、いくつかは
店舗自体が取り壊され、普通の住宅へと建て替えられている場所が
増えてきています。
また、ポッポランドの向かいにあり、福知山でも貴重な煉瓦建築だった
旧福知山銀行本店も近年取り壊されるなど、(この建物は残してほしかった)
少しずつ商店街はかつての面影を失いつつあるようです。

参照・旧三ツ丸百貨店と旧福知山銀行本店 まちかどの西洋館
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>