古絵葉書・大阪中央電信局竣工記念(6枚セット )

大阪中央電信局袋
かつて名作と称された東京中央電信局の設計者、山田守は
大阪の中央電信局の設計も手掛けました。
そのせいか、外観はやや似た印象があります。
大阪中央電信局外観
ただ、やはり東京中央電信局のデザインには一歩及ばなかったようで、
そのことは山田守自身も感じており、
「大阪の中央電信局は壊していいが、東京の中央電信局は残してほしい」
と語ったほどです。
しかし、それでも大阪中央電信局のデザインは優れたもので、
現在も残っていれば素晴らしい名建築であったことだろうと思われます。
この絵葉書は、昭和3年に完成した大阪中央電信局を記念して造られた
絵葉書セットです。現在手元に外観含めて6枚ありますが、
本来はもう少しあったものと思われます。

残りの内部の絵葉書は「続きを読む」からご覧ください。
大阪中央電信局現業室
大阪中央電信局内通信現業室及電報搬送機集中所
電話とか電報の処理をする部屋でしょうか。
机に置かれたタイプライターがいかにもオフィスといった感じで、
現代のパソコンが置かれたオフィスと変わりはないですね。
大阪中央電信局4階機械室
大阪中央電信局4階機械室
大阪中央電信局5階機械室
大阪中央電信局5階機械室
機械室という割には機械らしきものが見えません。
大阪中央電信局男子更衣室

大阪中央電信局女子更衣室
大阪中央電信局には男女それぞれ別の更衣室を備えていたようです。
当時としては先進的だったのでは。
戦前くらいまで、電話交換手は女子の花形職業で、あこがれでもありました。
いわゆるモガと言われた時代の先端をゆく女性が多く就いていたのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

懐かしい写真です。堂島川沿い・正面に田箕橋、写っていない左に阪大病院・右に一部写っているのは商工会議所だったか。現在(6~7年前迄)は電々街・此の場所hがデータ局・商工会議所だった所は市外電話局、福沢諭吉の誕生地だったところで、記念碑もあったが、更に此の辺りは変わったかも知れませんね。
機械室・昭和初期なのでモールス信号での送信室か? もう一つは、カタカナ文字の電報文が細いテープに印字されているのを 電報用紙に糊付けしていた作業台なのかも?
尤も昭和30年頃にはモールスも船舶電報 位しか使用されていなかったのかも・・!!?

天々さん

お久しぶりです。
実際にご覧になったことあるというのは貴重な証言です。
今ではもう古写真とかこういう古い絵葉書でしか建物の様子を知ることはできませんから・・・

大阪中電から商工会議所の銅像を・・

思い出しました。
==追申===
堂島の商工会議所は、米穀取引所が在り・堂島の米相場を近畿各所の見通しの良い山上から旗で相場を知らせた事で、「旗振り山」の名が残る山が各所に残されていますね。
画面右端・会議所前に銅像が一体見えていますが3体有ったと思います。

銅像は現在:大坂堺筋本町と谷四間に在る商工会議所前に移設されています。特需で提供されていた様ですが、私は見た昭和30年代頃には再度製作された銅像が建ち、現在に至っているようです。

懐かしい

昭和18年から終戦まで大阪中電に勤務していました。内信課で、国内の郵便局と電報の送信、受信をやってました。懐かしい写真をみて感激です。こんなの見せて頂いて有難う御座いました。当時は滋賀県から通勤していまして、日勤、夜勤、泊とありました。たしか夜勤は10時頃まで勤務して、最終の夜行列車で帰りました。終戦時大阪大空襲に見舞われ、中電も焼夷弾を
無数に落下し、むしろで消し止めていました。建物は凄く頑丈に建築されていて、少々の爆弾でもびくともしない建物でした。中電も今はどうなっているのでしょうかね。懐かしかったです。

みっちゃん様

コメントありがとうございました。
なんと、実際に働いてらっしゃった方ですか。
しかも、戦前に、空襲の体験もされた方とは。
貴重な体験談を語っていただきありがとうございます。
大被害を出した大阪大空襲ですが、びくともしなかったんですね。
建物の丈夫さ、設計の良さを窺える
お話です。

貴重な写真集を拝見して

通信室の写真で、天井に取り付けた時計や
丸い太い柱、柱にある、暖房用のダクトは
私が働いていた頃と変わりなく懐かしさで
いっぱいです。 どうかこの写真を頂いて
宜しいでしょうか・ 

tu-kun様
はじめまして。コメントありがとうございます。
個人的に保管されるだけでしたら
どうぞもっていってください。
ブログ等に転載される際は
またご連絡くださいませ。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>