古絵葉書・舞鶴鎮守府在籍軍艦(吾妻・阿蘇・丹後・見島・鎮西・千歳)

舞鶴鎮守府所属艦艇
明治39年頃の舞鶴軍港の様子を撮影した絵葉書です。
明治三十七・八年戦役(日露戦争)第一回海軍記念日の記念スタンプが押されています。
海軍記念日とは、日露戦争の日本海海戦で勝利した日です。

手前に写る軍艦たちは右から

装甲巡洋艦「吾妻」
装甲巡洋艦「阿蘇」(元ロシア海軍装甲巡洋艦「バヤーン」))
戦艦「丹後」(元ロシア海軍戦艦ポルタヴァ)
海防艦「見島」(元ロシア海軍海防戦艦「アドミラル・セニャーウィン」)
砲艦「鎮西」(元清国海軍砲艦「鎮西」)
防護巡洋艦「千歳」

となっておりますが、吾妻と千歳以外はすべて鹵獲軍艦になっています。
特に日露戦争後ということもあって、ロシア海軍の軍艦が多いですね。
これらの軍艦は、吾妻と鎮西を除いて昭和初期までに処分されました。
鎮西は明治41年に隠岐商船学校へ練習船として移管され、
吾妻のみが昭和19年まで舞鶴機関学校の練習艦として舞鶴湾に停泊し続けました。

艦艇の奥に煉瓦の建物群が見えますが、
おそらく舞鶴海軍工廠(現・ユニバーサル造船舞鶴工場)の
工場棟ではないかと思われます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>