古写真・第一国立銀行本店(明治29年ごろ撮影?)

第一国立銀行本店
明治5年に制定された国立銀行条例により、
日本で初めて営業を始めた銀行が第一国立銀行です。
渋沢栄一が頭取を務め、その後第一銀行・第一勧業銀行をへて、
現在はみずほ銀行となっています。
創業当時の第一国立銀行本店は日本橋兜町にあり、
その建物の姿は西洋風ではあるものの、屋根にお城のような千鳥破風を設けており、
いわゆる擬洋風建築と呼ばれる建物でした。
それでも当時は大規模で珍しい洋館としてたちまち名所となったようです。

第一国立銀行は、明治29年に第一銀行に改称します。
台紙の裏には「第一銀行」の書き込みがあり、そうなると明治29年以降の撮影になりますが、
創業時の本店は明治30年ごろに取り壊されたそうなので、
この写真は明治29年頃に撮影された末期の本店の様子かもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>