古絵葉書・佐渡鉱山 製練所の全景

佐渡鉱山
金山として有名な佐渡鉱山は、明治に入ると幕府から工部省へと移管され、官営鉱山となりました。
明治29年に三菱へと払い下げられてからは、三菱の経営となりました。
しかし、平成元年に採掘中止。以後観光地として現在に至っています。

この絵葉書は、製練所の全景の絵葉書で、相当な規模であったことが分かりますね。
注釈に「鉱山正門前 休憩所発行」とあり、正門付近に売店を併設した休憩所が
あったようで、見学者向けのお土産品などを置いていたのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>