番外編1・古絵葉書 日本重要水産動物 教育資料  貝類及甲殻軟体類

貝類及甲殻軟体類1
今回は番外編として、水産動物図鑑として販売されていた絵葉書を2つに分けて紹介いたします。
「日本重要水産動物 教育資料 貝類及甲殻軟体類」とタイトルが書かれた袋の中には
イラストで描かれた甲殻類や軟体動物、貝類が紹介された絵葉書が7枚入ってます。
本来は8枚入りのようですが、私の手元の分は1枚欠けているのが残念です。

発行されたのは昭和初期から昭和10年代くらいのようで、当時の小学生向けに
図鑑と同じ役割で発売されたものと思われますが、当時の水産動物の呼び方や、
カラーイラストなど見ていて楽しいものがあります。

続きを読むから中身の絵葉書を紹介いたします。
当時の味のある魚介類のイラストをご堪能ください。
貝類及甲殻軟体類2
エビ・カニ類。何故か淡水のザリガニが入ってます。
今では一般的になっている外来種のアメリカザリガニが無いのは、
アメリカザリガニが輸入されたのが昭和2年で、日本全国に広がったのは戦後くらいになってからです。
貝類及甲殻軟体類3
カニとサンゴ類。
イバラガニというのは、タラバガニの仲間のカニ・・・というか、ヤドカリの仲間です。
貝類及甲殻軟体類4
イカ・貝類。
タニシが混ざっているので、上の絵葉書と同じく海水・淡水関係なく紹介しているようです。
貝類及甲殻軟体類5
イカ・タコ・貝類。
タコの色がなんか違和感ありますね。
「志ほふき」はシオフキガイ。アゲマキとともにマイナーな種類も多いです。
貝類及甲殻軟体類6
軟体類。
リアルに描かれているので、カイメンとかナマコなどは少々気持ち悪いです。
貝類及甲殻軟体類7
二枚貝類。
「まべ」ことマベガイなどほとんど耳にしない貝です。
貝類及甲殻軟体類8
二枚貝類など。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>