古絵葉書・防護巡洋艦「松島」

防護巡洋艦松島
清国との緊張が高まりつつあった明治18年。清国北洋艦隊に配備された「鎮遠」と「定遠」の
2隻の戦艦は、日本海軍に大きな衝撃を与えると同時に大きな驚異となりました。
しかし、予算が少なく定遠・鎮遠のような強力な戦艦が持てなかった日本海軍は、
小型の船体に定遠級の戦艦に対抗できる32センチ砲を1門だけ配備した巡洋艦を
フランスへ発注し配備しました。それが「三景艦」と呼ばれる松島・厳島・橋立で、
この松島は三景艦のネームシップとなった巡洋艦です。

日本海軍の期待を背負って完成した松島型は、実際使用してみると
32センチ砲は発射速度が遅い上扱いにくく、また船体に似合わない
大型の砲のために船のバランスに大きな問題が生じ、実際に日清戦争の黄海海戦では、
32センチ砲が1発も当たらなかったのに対して、副砲の12センチ砲の方は
大いに活躍し、以後日本海軍は副砲を重視したイギリス式の軍艦を基本とするようになりました。

日露戦争時は実戦に参加せず、哨戒任務に従事しました。

明治41年、練習航行中に台湾沖にて火薬庫爆発により沈没。200人近くの犠牲者を出して
松島の生涯は終わりました。

データ

常備排水量:4,278t
全長:89.92m
最大速力:16.0kt

武装
38口径32cm単装砲1基
40口径12cm単装砲12基
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>