古絵葉書・(福知山)音無瀬川新堤防と音無瀬橋

音無瀬橋と新堤防
古くから由良川の水害に悩まされた福知山市は、水害にも耐えうる堅固な堤防の建設が
必要となってきました。特に明治29年の水害は多くの死者と甚大な被害をもたらしました。
明治40年再び大規模な水害が起こると、本格的に近代的な堤防工事が始まりました。
工事を請け負ったのは、のちの「松村組」の創業者である松村雄吉。
堤防は明治42年に完成しましたが、たび重なる堤防の決壊にによる水害を経験していた市民は
この工事に半信半疑で、それを聞いた松村雄吉は、「自らの工事の確かさを証明」するために、
堤防の斜面に沿う形で自邸を建設しました。これが現在京都府指定文化財である「松村邸」です。
以来100年にわたりこの堤防は決壊することなく、現在も役目を果たしています。

奥に見える橋は音無瀬橋。恐らく4代目の橋でと思われます。

関連記事・古絵葉書・福知山 音無瀬橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>