古絵葉書・舞鶴海軍機関学校

舞鶴海軍機関学校
海軍機関学校は、海軍の機関科に所属する将校を養成する学校で、
海軍兵学校・海軍経理学校と合わせて「海軍三校」と呼ばれました。

海軍機関学校の始まりは、明治7年横須賀に置かれた海軍兵学寮の分校で、
明治14年に海軍機関学校の名称となりました。
その後しばらく横須賀にありましたが、大正12年の関東大震災により校舎が大きな被害を受けたため、
昭和3年に舞鶴へと移転しました。

この絵葉書は舞鶴移転後の海軍機関学校の写真で、奥にある鉄筋コンクリート3階建ての建物は「生徒館」、
手前のアーチ窓の建物は、大講堂でした。

海軍機関学校は終戦と共に閉校となりましたが、敷地建物は海上自衛隊に引き継がれ、
海上自衛隊舞鶴地方総監部となった現在も海軍機関学校時代の多くの建物がそのまま使用されており、
手前の大講堂だった建物は海軍記念館として一般にも公開されています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>