古絵葉書・新舞鶴名所 第一上陸場待合所

舞鶴第一上陸場待合場
現在の東舞鶴の埠頭にあったと思われる上陸者用の待合室の建物です。
東舞鶴は城下町として古くから発展した西舞鶴とは違い、明治34年の鎮守府開庁に伴い
新たに軍港として発展しました。
明治以降の近代的な街であり、海軍という西洋の様式を先進的に取り入れた街のためか、
この絵葉書の待合所も瀟洒な洋館で、電話ボックスらしき小屋もあり、
また、そびえる時計塔は当時の人々の目によく止まったことでしょう。

この「第一上陸場待合所」の建物ですが、検索しても詳細な情報が出ませんでしたが、
建物のデザインや絵葉書の様式から、明治~大正期の建築ではと思われます。
スポンサーサイト

コメント

手元の海図によると

手元にある昭和18年発行の海図によると,第一上陸場は四条(舞鶴ではよじょうっていいます)通りの海辺にあったようです.時計台もちゃんと載ってました

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>