古写真・生野鉱山局(生野銀山)2枚(明治16年~明治21年撮影)

生野鉱山局遠景
室町時代より採掘が行われ続けた生野銀山は、江戸時代には幕府の管轄になり生野代官所が置かれました。
明治維新後、明治政府の管轄となった生野銀山は、日本初の官営鉱山となり
お雇い外国人の協力を経て、近代的な鉱山施設となりました。
明治16年、名称を生野鉱山局と改称。明治21年に皇室財産に編入し、御料局生野支庁と改称するまで
この名称が使われました。

この古写真の台紙の裏には「生野鉱山局」との書き込みがあるため、
明治16年から21年までの撮影と思われます。

上の写真は、その官営時代の生野銀山の遠景の写真。高い煙突と洋風の近代的な鉱山施設群が並んでいます。
注目すべきは背後の山。山の木々が殆ど無くハゲ山状態になっているのが分かります。
栃木の足尾銅山では有名な鉱毒事件により、鉱山周辺の山がハゲ山になったそうですが、
この生野銀山でも鉱毒事件が起きていたようで、工場背後のハゲ山は鉱毒による影響かもしれません。
生野鉱山局近景
こちらは、2枚目の近景写真です。
アーチ窓の2階建ての建物は煉瓦造の建物で、まさに明治の文明開化・殖産興業の象徴であり、
高い煙突と共に当時の人々は、この近代的な工場群の威容に目を見張ったことだと思います。
生野鉱山局裏
それぞれの写真の台紙の裏には筆文字で書き込みがあり、遠景写真の裏には「生野鉱山遠景」。
近景写真には「生野銀山真景」とあります。

生野銀山は明治29年に三菱合資会社へと払い下げられ、昭和48年に閉山するまで採掘が続けられました。

現在は史跡として保存され観光施設になっていますが、現在も官営時代である明治初期の煉瓦造の
工場施設が現存しており、貴重な近代化遺産として知られています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>