古絵葉書・福知山猪崎新地(手彩色絵葉書)

猪崎新地
猪崎新地は福知山市に存在した北近畿でも最大規模の遊郭街で、
明治末期頃には芸妓30数名、娼妓約100名もいたそうです。

※猪崎遊郭については以前紹介したこちらの記事をご覧ください。
古絵葉書・福知山 猪崎新地

この絵葉書は明治後期くらいと推定される手彩色の絵葉書で、恐らくお土産用に作られたものでしょう。
遊郭街というよりのどかな農村に見えますが、通りを行く人力車と農村には似つかわしくない電柱、
そして、右手に見える2階建ての建物を見ると、かなり賑わっていた遊郭街であったことが伺えます。

背後に見える小山は、通称「城山」と呼ばれる猪崎城という中世城郭で、
現在は城跡として整備されて公園になってますが、戦前までは桜の名所として知られていた場所です。
猪崎新地
こちらは以前紹介した大正頃の猪崎新地。
所狭しと遊郭の建物が建ち並び、かなりの賑わいを見せていたことが分かります。
近波楼
猪崎新地にあったと思われる遊郭「近波楼」。
この絵葉書の当時(恐らく昭和初期)に自動車を保有していたくらい儲かっていたのでしょうね。
この近波楼らしき建物が今も現存しています。

関連記事
古絵葉書・福知山 猪崎新地
古絵葉書・福知山 近波楼
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>