古写真・東京三井銀行(明治20年代撮影)

東京三井銀行
三井銀行は明治9年に開業した日本初の私設銀行で、駿河町の三井洋館を使用してスタートしました。
この写真の建物がその三井銀行の建物で、明治7年完成の3階建ての擬洋風建築の洋館は、
洋館建築の少なかった当時、文明開化の象徴的な建物として非常に目に付く建物でした。

設計者は明治初期の民間の洋風建築を手がけた二代清水喜助。

築地ホテルや第一国立銀行本店の設計を手がけたことでも知られています。

その第一国立銀行本邸の建物ですが、
第一国立銀行本店
明治5年に建てられたこの建物もかつて三井組の本社屋でした。
駿河町の三井洋館が建てられたのは、明治6年に本社屋が第一国立銀行として使用されたためで、
同じ設計者・同じ様式・同じ所有者であるこの2つの建物は兄弟とも言える洋館でした。

この2つの建物は、明治30年前後に保存運動も起きましたが取り壊されてしまいました。
スポンサーサイト

コメント

写真同好会(名前検討中

おもしろい 町並みですね。おもしろい建物ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>