古写真・金剛艦(初代・金剛 装甲コルベット)

初代 金剛
軍艦の金剛いえば、巡洋戦艦として大戦中を戦い抜いた金剛と、現代の海上自衛隊所有の初代イージス艦である「こんごう」が知られてますが、明治初期にも金剛の名を有する軍艦がありました。
それがこの初代「金剛」です。

初代の金剛は、明治11年にイギリスで完成した装甲コルベットで、
日清・日露戦争に参加しています。。

その後、測量艦として使用されたあと、明治43年に売却され解体されました。
金剛007
こちらは別の時期に別アングルで撮影された同じ初代金剛です。
1枚目の金剛と違い船体が白く目立つ1本煙突がありません。
(真ん中のマストに隠れているのかもしれませんが)
もしかしたら、この金剛は改装された後に撮影されたのかもしれません。
(ただ、改装を受けたという記録はわからないです。)


データ

常備排水量:2,250t
全長:70.41m
最大速力:13.7kt

武装: 20口径17.8cm単装砲3基、15cm単装砲6基、
7.5cm単装砲2基、25mm4連装砲4基、11mm5連装砲2基、36cm魚雷発射管1門

関連記事
古写真・大日本帝国 金剛艦
古写真・明治20年代頃撮影の比叡(初代)
※初代金剛の2番艦
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>