古絵葉書・横浜三渓園山上ノ原氏別荘(旧松風閣)

三渓園 旧松風閣
横浜市本牧にある三渓園は、広大な敷地に古建築を移築した庭園で、実業家・原三渓の邸宅でもありました。
明治20年頃から邸宅の建設が始まり、明治35年あたりから庭園の整備が始まりました。
三渓園自体は明治39年には現在の外苑部分が一般公開されており、当時から観光名所でした。

三渓園の敷地の真ん中に三重塔の建つ小山があるのですが、かつてそこには原邸のゲストハウスである
「松風閣」かありました。

松風閣は明治20年頃の完成の煉瓦造り2階建ての建物で、命名は伊藤博文。
原邸を訪れた賓客をもてなす重要な建物でした。

この贅を尽くした建物も、関東大震災により倒壊。現在は建物の一部が廃墟として残されるのみです。

三渓園 旧松風閣跡1
現在の旧松風閣の姿。今となっては廃墟としての無残な姿しか残されてませんが、それでも屋根に葺かれていた天然スレート、分厚い窓ガラス片、そして特注の煉瓦を使っている角を丸くした煉瓦壁など
贅を尽くした当時の松風閣の様子がうかがい知れます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>