古絵葉書・舞鶴海兵団(昭和新設時)

舞鶴海兵団(昭和新設時)
海兵団とは、海軍兵の下士官や新兵を教育する機関です。
各鎮守府に置かれ、舞鶴へは明治35年に設置されました。
しかし、ワシントン海軍軍縮条約により舞鶴鎮守府は大正12年に要港部へと格下げ。
海兵団は廃止となりました。
その後、海兵団跡地には大正14年に海軍機関学校が移転しました。
昭和14年、舞鶴要港部が再び鎮守府へと格上げ。海兵団も新たに設置する必要が出たため、
新たに東舞鶴後に敷地を得て新設されました。
それがこの絵葉書の舞鶴海兵団です。

現在、この海兵団だった敷地は舞鶴教育隊の敷地となり、当時の建物が今でも残っています。
舞鶴教育隊
海側から見た現在の舞鶴教育隊の姿です。
写真のベージュ色の建物は当時の庁舎で、絵葉書に写る建物です。
また、手前にある木造の建物も海兵団当時の建物です。

関連記事・舞鶴海兵団(明治~大正期)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>