古絵葉書・吉田忠商店新築記念絵葉書(7枚組)

吉田忠商店1
吉田忠商店は京都市にあった呉服店で、かの大丸に並ぶ企業でした。
この絵葉書は、昭和6年に新店舗が新築された際に記念として発行されたものです。
7枚組となっており、新店舗等の様子が紹介されています。

残りの6枚は「続きを読む」からご覧ください。
吉田忠商店2
新店舗のパース図です。
普通のビルではなく、瓦屋根も用いています。
呉服店をイメージを残すためでしょうか。
吉田忠商店3
実際の新店舗の外観です。
昭和初期に流行したスクラッチタイルが外壁に貼られています。
吉田忠商店4
屋上から京都市街を見た写真。
右後方に旧三菱銀行京都支店と旧三井銀行京都支店が写っています。
四条烏丸の象徴的だったこの建物は、旧三井銀行の建物が一部保存された以外は
取り壊されてしまいました。
中央奥の大きな建物は大丸でしょうか。
吉田忠商店5
店舗内部。広い室内です。
木製の格天井が良い雰囲気を出しています。
吉田忠商店6
玄関と応接室。
吉田忠商店7
旧店舗の写真です。
いかにも古くからの京都の呉服店と言った感じの町屋造の建物です。
スポンサーサイト

コメント

大丸

大丸ですね、三菱銀行の手前の木造の建物は、大きな元呉服屋さんで大阪に移られたそうです、その後は「鴻池銀行」になりましたがその時期は知りません。左端の洋館は「福徳相互銀行」で、その手前の明治時代風の建物は、戦後は三菱信託銀行であったように思います、戦前は何らかの三菱系の会社であったのでしょう。

京都人様

詳細な情報ありがとうございます!
三井・三菱・大丸は分かりましたが、
他の建物はわかりませんでしたので・・

訂正

訂正します、福徳相互銀行は戦後で、この頃は「十五銀行京都支店」でした。
蛇足ですが、終戦後は烏丸高辻にあった「五条署」が、進駐軍に使用されたためこの建物にありました。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>