古絵葉書・陸軍歩兵第十八旅団司令部

歩兵第18旅団司令部
陸軍歩兵第18旅団は敦賀において編成され、司令部が置かれました。
18旅団は金沢の第9師団所属の部隊で、日露戦争にも参加しています。
この絵葉書は明治後期頃の撮影のものと思われます。

奥に旅団司令部の建物が写っていますが、様々な様式で建てられた師団司令部の建物と違い、
旅団司令部の建物はデザイン・大きさともに統一されていたようです。
第二十旅団司令部
※参考・福知山歩兵第20旅団司令部

現存している金沢の第6旅団司令部や京都伏見の第19旅団司令部、そして上の福知山第20旅団司令部の建物を
見ると分かる通り、正面に三角のペディメントの破風を設け、左右に翼部を伸ばしたシンメトリーの建物と
なっています。
旅団司令部の隷下の連隊の連隊本部の建物は基本的には似通っているとは言え、微妙にデザインに違いがあるのに対し、旅団司令部は全国の旅団全てで統一していたのが興味深いですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>