番外編・大正百年

今年2012年は、大正元年から数えて100年になる記念すべき年になります。
100年前と言うとイメージ的に明治なんですが、もう明治を過ぎて大正に入ってしまってるんですね。
まさに「明治は遠くなりにけり。」

そこで今回は番外編として、所有しております大正期発行の古書籍等を紹介してみようと思います。

続きを読むからご覧ください。
花物語
吉屋信子著「花物語」大正13年刊
少女小説と呼ばれた女学校内等での少女同士の恋愛(ガールズラブ・百合)をテーマにした本で、
吉屋信子はその代表的作家。当時絶大な人気があり、その影響は現在も続き
「マリア様がみてる」は、これらの少女小説の影響を多大に受けています。

三井銀行
「三井銀行五十年史」大正15年刊
三井銀行50年の系譜を記した本。写真のような錦絵や創業当時の三井銀行の写真等が載っています。

西洋料理
「西洋料理」大正3年刊
文明開化とともに広まりつつあった西洋料理も、明治期は専門店でしか味わえない
まだまだ庶民には縁遠いものでした。
その西洋料理も大正期には徐々に家庭料理にも入ってきます。
しかしこの本のレシピを見ると、現代から見ても本格的な西洋料理のメニューで、
まだまだ馴染みの薄いものだったように思えます。
現在のようないわゆる庶民的な「洋食」が庶民に広まるのは、昭和に入ってからでした。

ここからは建築本。

住宅図案集表紙
住宅図案集中身
「日本住宅建築図案百選」大正2年刊
住宅建築の平面図・立面図の図案を価格順に百種集めた分厚い本。
平屋の小さい住宅から大邸宅まで紹介しています。
2枚目の画像は百番目の住宅で一番価格の高いもの。
和館に洋館が付属する大邸宅です。

各種貸家建築表紙
各種貸家建築内容
「各種貸家建築図案」大正10年刊
貸家の建築例の本なので、大家さん向けの本でしょうか。
もっと庶民向けの和洋折衷の建物かと思いましたが、図案を見るとかなり本格的な洋館のようです。

文化村住宅表紙
文化村住宅内容
「文化村住宅設計図説」大正11年
東京で開催された平和記念東京博覧会で出品された文化住宅を紹介した図録。
各文化住宅の写真・図面・解説が載っています。
文化村住宅絵葉書
こちらは絵葉書。
絵葉書の方は記事にしております。
古絵葉書・平和記念東京博覧会文化村住宅16枚組
古絵葉書・平和記念東京博覧会文化村住宅(内部)

コンクリート住宅
コンクリート住宅2
「鉄筋混凝土住宅」大正14年
関東大震災により、これまで主要だった煉瓦建築からコンクリート建築へと移行していったのが
大正末期から昭和初期でした。
特に大正期のコンクリート建築は、日本におけるコンクリート建築の最初期であるため、
現存するものは貴重な存在です。
この本は、鉄筋コンクリート造による住宅建築を紹介しており、最初期の鉄筋コンクリート建築の姿を知る
好資料です。

最後に実家の蔵から出てきたもの。
神戸新聞
大正4年の神戸新聞。
記事の内容は第一次世界大戦での欧州戦線のことが書かれています。
記事中の外国の国名が「倫敦」「独逸」「露西亜」「土耳古」など漢字で表記されているのが
面白いですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

<?php include_once("analyticstracking.php") ?>